パク・セワン&Wanna One出身オン・ソンウ、映画「人生は美しい」で初恋の初々しい感性を予告

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
韓国初のジュークボックスミュージカル映画として期待を集めている「人生は美しい」で、パク・セワンとWanna One出身のオン・ソンウが純粋な青春の感性を届ける。

同作は、自身の誕生日プレゼントとして初恋を探してほしいという荒唐無稽な要求をした妻のセヨン(ヨム・ジョンア)と、しぶしぶ彼女と一緒に全国を回りながら過去に旅立つことになった夫のジンボン(リュ・スンリョン)が、軽快なリズムとメロディで我々の人生を歌う、韓国初のジュークボックスミュージカル映画だ。

ドラマ「魔女たちの楽園~二度なき人生~」の凛々しくて勇敢な少女のクム・バクハから、WATCHAオリジナルドラマ「最終兵器アリス」の正体を隠した人間兵器のギョウル、最近ヒット成績1位を記録している話題作「6/45」の口達者の北朝鮮兵士ヨンヒまで、ドラマ、OTT(動画配信サービス)、映画を行き来しながら活躍している女優のパク・セワンが、映画「人生は美しい」を通じて初恋を始める高校生に変身する。

ときめき溢れる眼差し、繊細な表情、口元の一つ一つまで初恋に照れる純粋な少女で幼いセヨン役を務めたパク・セワンは、セヨン役のヨム・ジョンアと完璧なシンクロ率をアピールして目を引く。パク・セワンは「2人1役で演技することができて嬉しかった。ヨム・ジョンア先輩に似ているという反応に力を得て、自信を持って演技した」と感想を伝えた。

ドラマ「十八の瞬間」で優等生のスビン(キム・ヒャンギ)の心に徐々に染み込んだ同級生のジュヌ役、青春ロマンスドラマ「場合の数」で10年来の友人キョン・ウヨン(シン・イェウン)の初恋イス役を務め、繊細な感情の演技を披露したオン・ソンウ。最近、Netflix映画「ソウル・バイブス」で上渓洞(サンゲドン)のマクガイバーのジュンギ役で一風変わった姿を披露した彼が、映画「人生は美しい」を通じて再び“万人の初恋”を演じる。

ある日突然、幼いセヨンの心に入ってきた放送サークルの先輩ジョンウ役を務めたオン・ソンウは、甘い声と笑顔、優しい性格まで誰でも夢見る初恋の姿を完璧に描き出し、観客たちの初恋の思い出を刺激する。「観客の皆さんが“胸がワクワクする初恋”と感じることができるよう頑張った」と伝えた彼は、キャラクターに完璧に染み込んだ姿で18歳の少年が持つ純粋で初々しい青春の感性を届ける予定だ。

俳優のパク・セワンとオン・ソンウのありのままの魅力を垣間見ることができる映画「人生は美しい」は、韓国で9月28日に公開される。

記者 : クァク・ミョンドン