BTS(防弾少年団)、ジョングクのコラボ曲も!米「2022 MTV VMA」2部門に追加でノミネート

Newsen |

写真=「2022 MTV Video Music Awards」
BTS(防弾少年団)が米「2022 MTVビデオ・ミュージック・アワード」(以下「MTV VMA」)で、計6部門にノミネートされた。

「2022 MTV VMA」が8月19日(以下、現地時間)に発表した受賞候補リストによると、BTSは「今年のグループ(Group of the Year)」「ソング・オブ・サマー(Song of Summer)」の2部門に追加でノミネートされた。

これに先立ち、彼らは「最優秀K-POP(Best K-POP)」「最優秀ダンス(Best Choreography)」「最優秀視覚効果(Best Visual Effects)」「最優秀メタバース・パフォーマンス(Best Metaverse Performance)」の4部門にノミネートされている。

「ソング・オブ・サマー」には、ジョングクがチャーリー・プースとコラボし、6月24日に公開された「Left and Right」がノミネート。BTSは、6月10日に発売したアンソロジーアルバム「Proof」のタイトル曲「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」で「最優秀K-POP」を、2021年7月に公開した「Permission to Dance」で「最優秀ダンス」の受賞を狙う。また、コールドプレイとのコラボ曲「My Universe」は、「最優秀視覚効果」部門にもノミネートされた。

「2022 MTV VMA」は、8月28日、米・ニュージャージー州のプルデンシャル・センターで開催され、MTVを通じて生中継される予定だ。

・BTS(防弾少年団)、米「2022 MTV VMA」4部門にノミネート…4年連続の受賞に期待高まる

・“万博誘致の広報大使”BTS(防弾少年団)の兵役を代替服務に…釜山市長が大統領に要請

記者 : パク・スイン