ラ・ミラン&ソン・セビョク&イ・ボムス出演映画「COME BACK HOME」ポスターを公開

OSEN |

写真=映画ポスター
映画「COME BACK HOME」が、ソン・セビョク、ラ・ミラン、イ・ボムスのコミカルなシナジー(相乗効果)が際立つポスターを電撃公開した。

「COME BACK HOME」(監督:イ・ヨヌ)は、すべてを失って15年ぶりに故郷に帰ってきた無名のお笑い芸人ギセ(ソン・セビョク)が、巨大な組織のボスになることから繰り広げられる物語だ。

18日に公開された予告ポスターは、3人3色のキャラクターたちの強烈な存在感で注目を集める。まず、人生を丸ごと失ってしまったような、無念そうな表情で立っているギセと「哀れなお笑い芸人? ヤクザになる」というフレーズは、お笑い芸人として生きてきた彼が一夜にしてヤクザのボスになった事情とは何なのか、好奇心をくすぐる。

また、赤いヘルメットをかぶって、まるで獲物を狙っているように突進するヨンシム(ラ・ミラン)の姿からは、愉快な魅力が漂う。

最後に肉をかじりながらがむしゃらな表情をしているガンドン(イ・ボムス)の姿は、まるで「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」のチャン・ピルホを連想させ、笑いを誘う。彼の眼差しだけは鋭く輝いており、どのような事情があるのか好奇心がくすぐられる。

このように、3人のこじれてしまったバラエティに富んだストーリーを予告した「COME BACK HOME」は、ソン・セビョク、ラ・ミラン、イ・ボムスのキャラクター表現とセリフが加えられ、今秋の劇場街を愉快に盛り上げる予定だ。

多彩な楽しさが収められた予告ポスターを公開して期待を高めた「COME BACK HOME」は、韓国で9月21日に公開される。

記者 : キム・ボムス