カン・テオ、ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」最終回を迎え感想を語る“俳優として新しい回転ドアを通過した”

Newsen |

写真=Man Of Creation
カン・テオが、「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の放送終了を迎えた感想を語った。

彼は本日(18日)、所属事務所のMan Of Creationを通じて、ENAの水木ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」の最後の撮影現場で撮った可愛い記念写真と共に、感想を伝えた。

カン・テオは「今回は、撮影しながらも『良い作品を披露したい』としか思っていませんでした。作品にも、私個人にも、このようにたくさんの支持を送ってくださって本当に感謝しています。たくさんのスタッフの方々の努力が報われたのは、すべて視聴者の皆さんのおかげです。どのようにすれば、この愛にもっと良い演技で応えることが出来るのか、試行錯誤を続けていきます。もう一度『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』とイ・ジュノを愛してくださって本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

続けて「劇中で、ウ・ヨンウがイ・ジュノと一緒にワルツのリズムで回転ドアを通過したシーンのように、僕もこの作品を通じて、俳優として新たな回転ドアを通過したと思います。僕にも、視聴者の皆さんにも笑顔が訪れ、いつも僕たちの片隅に『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が末永く記憶されれば嬉しいです」とし、作品とキャラクターに対する愛情を示した。

劇中でカン・テオは、ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)と関わっていくうちに彼女に新しい感情を抱くイ・ジュノに扮して、熱演を繰り広げた。序盤では優しい一面で魅力をアピールし、徐々にウ・ヨンウにまっすぐ気持ちを伝える姿で、ドラマの没入感を高めた。

特に彼は、初放送から偏見なくウ・ヨンウに接し、彼女のペースに合わせ、鯨の話まで聞いてあげる優しい男性として登場し、視聴者たちをイ・ジュノの魅力に引き込んだ。また、「残念ですね」「僕がなってあげます。弁護士さん専用のハグ椅子に」など、様々な名台詞を誕生させた。

どの作品でも優れたキャラクター表現力で、ぴったりの演技を披露するカン・テオの個性溢れる魅力と、素晴らしい演技力があったからこそ可能だったのだろう。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は、本日(18日)最終回が放送される。

・「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で大人気…カン・テオ、入隊を控え心境明かす“自信を持って行ってきます”

・カン・テオ、演技のポイントは顎の筋肉?「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」でも活用“おすすめはしない”(動画あり)

記者 : パク・アルム