韓国映画監督協会、ドラマ「アンナ」をめぐる議論に遺憾の意“監督に対して謝罪すべき”

Newsen |

韓国映画監督協会がCoupang Play「アンナ」を巡る議論に遺憾の意を表明した。

韓国映画監督協会は11日に発表した公式コメントを通じて「本日『アンナ』のイ・ジュヨン監督のコメントを聞きました。とても残念で胸が痛みます」と語った。

続けて「本日、イ・ジュヨン監督の単独インタビューを見て非常に絶望しました。全8話で企画・制作された作品を6話に編集し、タメ口を混ぜながら会議を行うプラットフォームの関係者は無礼を超え、『なぜすべてのシーンを意図を持って撮ったのか』という会話では怒りを抑えられませんでした」と伝えた。

韓国映画監督協会は「私たちは『アンナ』の事態を座視せず、見守るつもりです。『アンナ』に出てくる台詞のように『“どうしてこうなったのか”ではなく “今後どうするのか”それが問題』ですから」とし「もちろん、Coupang Playの謝罪を要求し、ハン監督が要求したクレジットおよび監督版の公開も要請します」と付け加えた。

「アンナ」のイ・ジュヨン監督と制作会社のCoupang Playは作品の編集をめぐり、対立している。

イ・ジュヨン監督は3日、法律代理人である法務法人シウを通じてCoupang Playが「アンナ」の演出者である自身を排除し、一方的な編集をしたと伝えた。

これに対しCoupang Playは、監督の編集の方向性が当初、Coupang Play、監督、制作会社(コンテンツマップ)の間で相互協議された方向と著しく異なる部分があったことを知り、監督に具体的な修正を要請したが、拒絶されたと主張した。

その後、Coupang Playは制作会社の同意を得て、契約に示された権利に基づいて本来の制作意図と合致するように作品を編集したという。

【韓国映画監督協会 公式コメント全文】

「監督の権利を侵害しないでください」

韓国映画監督協会の理事長ヤン・ユンホです。韓国の映画界は新型コロナウイルス感染症が拡大後、正常化しつつあります。今年5月、韓国映画は再び世界の中で高い地位を誇りました。カンヌ国際映画祭でパク・チャヌク監督とソン・ガンホさんの活躍に支えられ、韓国には再び観客1000万人を動員する映画が誕生し、活気を取り戻しました。もう、韓国映画は世界の映画界をリードする地位を確立したと自負しています。これは観客の声援と映画関係者の献身による成果です。

しかし本日、Coupang Play「アンナ」のイ・ジュヨン監督のコメントを聞きました。とても残念で胸が痛みます。イ・ジュヨン監督は2010年と2011年に短編映画「駐車のための見慣れない空間」や「私の右側、あなたの左側」で注目を集めた後、2014年にイ・ビョンホンさん主演の映画「エターナル」で長編映画の監督としてデビューした韓国の映画界の宝のような存在です。最近披露された「アンナ」も、評論家と視聴者から注目を集め、よい評価がありました。

本日、イ・ジュヨン監督と「CINE21」(映画雑誌)の単独インタビューを見て非常に絶望しました。第8話で企画・制作された作品を全6話に編集し、ため口を混ぜて会議を行うプラットフォームの関係者は無礼を超え、「なぜすべてのシーンを意図を持って撮ったのか」という会話では、怒りを抑えられませんでした。これに関する詳しい内容は単独インタビューの記事をご参考ください。

(社)韓国映画監督協会は、映画芸術創作の主体である監督の権益を擁護し、映像文化産業の発展と韓国映画の世界的地位を高めることに貢献する目的で1962年に設立された韓国を代表する映画団体です。現在、カン・ウソク、カン・ジェギュ、パク・チャヌク、ポン・ジュノなど、韓国の映画監督222人が所属しており、毎年春史国際映画祭を通じて映画関係者の苦労を称えています。

私たちは「アンナ問題」を座視せず、見守る考えです。イ・ジュヨン監督の「アンナ」に出てくる台詞のように「『どうしてこうなったのか』ではなく『今後どうするのか』それが問題」ですから。傲慢で愚かな態度に立ち向かうイ・ジュヨン監督、頑張ってください! 私たちも映画監督の権利を守るために一緒に頑張ります。Coupang Playの謝罪を要求します。また、監督が要求したクレジットおよび監督版の公開も要請します。

2022年8月11日 韓国映画監督協会 理事長ヤン・ユンホおよび職員一同

記者 : ファン・ヘジン