コ・ギョンピョ、映画「6/45」での役作りについて語る“キャラクターの純粋さを表現したかった”(総合)

MYDAILY |

俳優のコ・ギョンピョが映画「6/45」で愉快な笑いを予告した。

10日午後、ソウル龍山(ヨンサン)区CGV龍山アイパークモールで映画「6/45」のマスコミ向け試写会および記者懇談会が開かれ、パク・ギュテ監督、俳優のコ・ギョンピョ、イ・イギョン、ウム・ムンソク、パク・セワン、クァク・ドンヨン、イ・スンウォン、キム・ミンホなどが出席した。

同作は、風に乗って軍事境界線を超えてしまった当せん金57億ウォン(約5億8千万円)の宝くじをめぐって韓国と北朝鮮の兵士たちが繰り広げる物語を描いたコメディー映画だ。パク・ギュテ監督が映画「飛べ、ホ・ドング」(2007年)に続き、演出と脚本を務めた。彼は「達磨よ、遊ぼう!」(2001年)、「結界の男」(2013年)などの脚本を執筆した。

この日、パク・ギュテ監督は「同作は韓国と北朝鮮の若者たちの物語だ。若い観客層が劇場を多く訪れるので、若年層をメインターゲットに彼らが理解できるストーリーを盛り込もうとした。映画『JSA』とはジャンルは異なるけれど、僕たちが南と北が分かれているという特殊性があるため、この素材で一緒に笑って楽しめるコメディーをお見せしたかった」と明かした。

続けて「この映画は宝くじの1等に当選して金持ちになりたいという夢に関する話だ。統一が遠い話であり、南と北は大きく異なると思う。しかし、今作を観ながら、この地に生まれ、今後もそのような状態で生きなければならないので、それなら仲良く暮らすべきではないかという願いを、宝くじを素材にして、コミカルに表現しようとした」と伝えた。

劇中でコ・ギョンピョは、韓国の軍人チョンウに変身した。チョンウは除隊まで残り何日か毎日計算しながら退屈な軍生活を続けていた韓国の前方監視哨所GPの兵長。ある日、そんな彼に当せん金57億ウォンの宝くじが運命のようにやってくることになる。彼は除隊後に夢見ていた人生のため、軍事分界線を超えてしまった宝くじを取り戻そうと予測不可能な涙ぐましい努力を繰り広げる。

コ・ギョンピョは「このキャラクターが持つ純粋さについて、たくさん表現したかった。事件に対する心構えや、叶えたいと願う心構えが純粋なので、起こりうる話だと思った」と共感を示した。

続けて「チョンウは動物も愛する純粋な人だ。そのような純粋さが困難な状況に直面した時、一生懸命孤軍奮闘する一面が加わり、さらに面白く見えるのではないかと思った。遠くから見れば喜劇という言葉があるように、チョンウは悔しがって困ったりもしながら、逆境を乗り越える人なので、遠くから見れば、可愛く見えるかもしれない気がした。可愛がっていただきたい」と付け加えた。

また「撮影中にチョンウというキャラクターがもう少し暖かいイメージだったらどうだろうかと思って、途中で体重を増やすことにした。それで映画の中盤から変わったビジュアルで出てくるが、イメージしていたキャラクターが上手く表現されればという気持ちで臨んだ」と演技への熱情をアピールした。

さらに「今作を通じて無念な演技の第一人者になれたら嬉しいと思う。愛情のこもった呼称を作っていただければ、それもとても嬉しいことだと思う。今後も様々なジャンルの中で良い姿をお見せできるよう頑張りたい」と伝えた。

最近、ドラマ「最終兵器アリス」で注目を集めたパク・セワンは、今作でヨンホのたった1人の妹ヨンヒ役を演じる。ヨンヒは対南宣伝用放送を担当する北朝鮮側の軍団宣伝隊の兵士だ。北朝鮮軍はもちろん、韓国軍までぶるぶる震わせる“巧みな話術”の持ち主で、韓国で生まれていたらガールズグループにいてもおかしくないほどの人物であり、ダンス、歌など様々な魅力を披露する。

彼女は「今作はシナリオがとても面白かったし、この面白い内容がどのように表現されるのか気になって、出演を決めた。今作を逃せば後悔しそうだった」と格別な愛情を示した。

続けて「ヨンヒという人物がチョンウに出会い、わくわくして恥ずかしがるギャップのある魅力を表現しようとした」と活躍を予告した。

映画「6/45」は韓国で8月24日に公開される。

記者 : キム・ナラ、写真 : ハン・ヒョクスン