HYBE LABELS JAPANのオーディション番組「&AUDITION - The Howling -」ついにミッション本番がスタート!創作ダンスを披露

Kstyle |

(C)HYBE LABELS JAPAN
日本を皮切りにグローバルを舞台に活躍するアーティストを生み出すプロジェクト「HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト」のオーディション番組「&AUDITION - The Howling -」の第5話が、8月6日(土)オンライン動画配信サービス「Hulu」にて配信された。

「&AUDITION - The Howling -」は、BTS(防弾少年団)の生みの親パン・シヒョク氏がスペシャルアドバイザーとして入り、HYBE LABELS JAPAN初のグローバルボーイグループとしてデビューするため、“&”というキーワードのもと、デビュー組4名と練習生11名の多様なパフォーマンスと成長ストーリーをリアルドキュメンタリー形式で描いていく番組だ。

第4話では、3rdラウンドに取り組む各チームの練習風景や、SEVENTEENから新たに発表されたバラエティミッションの大爆笑風景をお届け。BBQやキャンプファイヤーでは、普段は言えなかった本音を語り合い、さらに絆を深めたメンバーたち。そして、サプライズで届いた大切な人たちからの手紙に全員が泣き崩れた。改めて、3rdラウンドへの士気を高めた。

(C)HYBE LABELS JAPAN
第5話はついに3rdラウンドの本番がスタート! 15名全員の運命を背負い、3チームが一丸となり3rdラウンドミッション本番に挑む。

&RING 2ndラウンドまでの達成率が発表され、さらに不安と緊張感が増すメンバーたち。&RINGを埋める機会は、残すところ3rdラウンドと4thラウンドの2回のみ。今回の3rdラウンドで、夢のファイナルラウンドに進む可能性を高めることができるのか。

3チームに分かれ、3つのSEVENTEENの名曲に取り組む3rdラウンド。ポイントは“クリエイティブ”で、ほぼ創作経験のない各チームが、チームメンバーと一緒に必死に試行錯誤して作り上げたパフォーマンスをついに披露する。

(C)HYBE LABELS JAPAN
課題曲「CALL CALL CALL!」は、ダンススクールで講師の経験のあるFUMAをリーダーに、NICHOLAS、JUNWON、MINHYUNG、YEJUNの5名からなる、“C Riders”チームが取り組む。中間チェックでは全員がミス、そして「実力差が1番大きいチーム」と言われながらも、FUMAのリーダーシップのもと、着実に成長をとげていく。本番では、コンセプトのかっこよさを伝え、努力を証明することができるのか。

「HOME;RUN」には、創作ダンス経験のあるGAKUをリーダーに、EJ、JO、HARUA、MAKIの5人からなる“Full Count”チームが臨む。中間チェックでは高評価をもらい、特別に本番での“ステージ演出権”を獲得したものの、リハーサルでハプニングが続出。本番ではラストチャンスでホームランを打つように、一発逆転を決めることができるのか。

「Oh My!」は、ムードメーカーのHAYATEをリーダーに、創作経験のあるKとYUMA、そしてTAKI、HIKARUの5人からなる“わんわん”チームがパフォーマンス。中間チェックで厳しい評価を受け、フィードバックを改善すべく試行錯誤していく。チーム名の由来にもなったコンセプト“好きな人を一途に思う、犬系男子”を表現し、本番では良い評価をもらうことができるだろうか。

記者 : Kstyle編集部