ENHYPEN、米「ビルボード200」で初のトップ10入り!3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY1」が6位にチャートイン

Kstyle |

(P)&(C)BELIFT LAB Inc.
ENHYPENが米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」に初めてトップ10入りした。

米音楽専門メディアビルボードは8月7日(現地時間)、公式ホームページに掲載した記事を通じて、ENHYPENの3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY1」が「ビルボード200」で自己最高順位の6位にチャートインしたと伝えた。

これによりENHYPENは「ビルボード200」に初めてチャートインした2ndミニアルバム「BORDER : CARNIVAL」(18位)と1stアルバム「DIMENSION : DILEMMA」(11位)、1stリパッケージアルバム「DIMENSION:ANSWER」(14位)に続き、4つのアルバムが連続で「ビルボード200」にチャートインするという結果を残した。

特にENHYPENは今回の「MANIFESTO:DAY1」でデビュー後初めて「ビルボード200」にトップ10入りし、熱いグローバルな人気を証明した。

「MANIFESTO:DAY1」は、HANTEOチャート基準で、発売2日目に113万枚の販売枚数を記録し、“初動ミリオンセラー”となり、日本のオリコンデイリーアルバムランキングと週間アルバム、週間アルバム合算ランキングを順に席巻した。

ENHYPENは9月17~18日のソウルを皮切りに、10月に米国、11月に日本などで初のワールドツアー「ENHYPEN WORLD TOUR MANIFESTO」を開催し、全世界のファンに会う。

記者 : Kstyle編集部