ENHYPEN、収録曲「Foreshadow」リリックビデオを公開…3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY1」の活動が終了

Kstyle |

(P)&(C)BELIFT LAB Inc.
ENHYPENが3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY1」の活動を成功裏に終えた。

ENHYPENは7日に韓国で放送されたSBS「人気歌謡」への出演を最後に「MANIFESTO:DAY1」の活動に終止符を打った。彼らは続いて同日午後11時30分、HYBE LABELSの公式YouTubeチャンネルに「Foreshadow」のリリックビデオを公開した。

「MANIFESTO:DAY1」の最後を飾る「Foreshadow」は、未来につながる同年代のために一歩先に道を探しに出た少年たちの物語を描いた楽曲だ。メンバーたちが3ヶ国語でこなしたナレーションが、後続アルバムに対する好奇心を高めた。

1stリパッケージアルバム「DIMENSION:ANSWER」以後、6ヶ月ぶりにカムバックしたENHYPENは「ハイフン(-)」を断ち切ることを宣言し、今まで見せたことのない強烈な変化を魅せた。これは世界中のファンの熱い関心を集め、韓国国内外の多くのチャート実績で証明された。

「MANIFESTO:DAY1」は、HANTEOチャート基準で、発売2日目に113万枚以上の販売数で“初動ミリオンセラー”を達成した。特にENHYPENは1stアルバム「DIMENSION:DILEMMA」に続き、今回のアルバムまで、歴代K-POPグループの中でデビュー後最短期間で2つのアルバムが“ミリオンセラー”を達成したアーティストになった。ニューアルバムはまた、世界17ヶ国・地域のiTunes「トップアルバム」チャートで1位を記録し、日本のオリコンデイリーアルバムと週間アルバム、週間合算アルバムランキングで全て1位を記録した。

タイトル曲「Future Perfect(Pass the MIC)」に対する反応も熱かった。「無欠点刀群舞」に代弁されるENHYPENのパワフルでありながらもエネルギッシュな魅力が、この曲で一層進化した。マイクをモチーフにしたポイントの振り付けをはじめ、多様な動線移動を通じて一時も目を離せないような構成にし、強烈な表情とディテールな表現力を加えて、ENHYPENならではの高難度パフォーマンスを完成した。

この曲は韓国国内の主要音楽配信チャートであるBugsでリアルタイム、デイリー、週間チャートのトップを席巻したのに続き、SBSM・SBSFiL「THE SHOW」、MBCM「SHOW CHANGPION」、KBS 2TV「ミュージックバンク」で1位になり、音楽放送で3冠を記録した。

これまで触れられなかったENHYPENの強烈なメッセージとコンセプトの変化に海外も注目した。英国の音楽専門メディアNMEは「ENHYPENは、自分たちを混乱させた矛盾した状況から抜け出し、以前の曲を『受動的な声』と一喝して過去からの独立を叫んだ」と説明し、MTVは「ENHYPENはデビュー後、興味深くユニークなコンセプトを試み、音楽を多様化するために努力してきたが、『Future Perfect(Pass the MIC)』はそれを証明する」と評価した。

このようにENHYPENは「MANIFESTO:DAY1」を通じて韓国国内外で注目すべき成果を上げ、圧倒的な存在感を誇った。

ENHYPENは9月のソウルを皮切りに、10月に米国、11月に日本などでデビュー後初めてワールドツアーを行う。

記者 : Kstyle編集部