少女時代 ユナ、映画「共助2:インターナショナル」スチールカットを公開…愛らしい魅力

MYDAILY |

写真=CJ ENM
少女時代のユナが、「共助2:インターナショナル」で怖いものなしの直進本能のパク・ミニョンに扮し、歴代級の魅力と活躍を予告する。

同作は、グローバルな犯罪組織を捕まえるために、再び出会った北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)と韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)、そしてニューフェイスで海外派のFBIジャック(ダニエル・ヘニー)まで、それぞれの目的で集まった刑事たちの予測不可能な三角共助捜査を描く。

映画「コンフィデンシャル/共助」「EXIT イグジット」「手紙と線路と小さな奇跡」に続き、ドラマ「ビッグマウス」まで、ドラマから映画まで縦横無尽に活躍しているユナは同作、怖いものなしのパク・ミニョンに扮し、再び観客を魅了する予定だ。姉と義兄に居候している中、自称ビューティーYouTuberになったが、一日に100ウォン(約10円)しか稼げないパク・ミニョンは、帰ってきたチョルリョンとニューフェイスであるジャックの間で一人で葛藤する一方、共助捜査で予想できなかった活躍を繰り広げる。

写真=CJ ENM
「コンフィデンシャル/共助」で適材適所に笑いと面白さを与え、話題を集めたユナは、特有の愛らしさと生活感のある演技、そしてハツラツしたスタイリングでキャラクターを完成させ、拡張された魅力と存在感で、劇に愉快な活力を与える予定だ。

演出を務めるイ・ソクフン監督は「シーンを面白く演じることに特化した能力を持った女優だ。格別なアドリブで、ウィットに富んだキャラクターを完成させた」と伝えた。代替不可能な魅力を披露するユナは、目を合わせるだけで笑いが爆発するハッピーエネルギーで、今年の秋夕(チュソク:韓国のお盆)に観客の心を掴むと期待される。

それぞれ異なる目的を持つキャラクターたちが作り出す共助ケミ(ケミストリー、相手との相性)に、一層強力な笑いと痛快なアクションが加わった「共助2:インターナショナル」は、9月に公開される予定だ。

記者 : ヤン・ユジン