イ・ユビ、日本で恐怖体験?祖母の家で起きた子供時代のゾッとするエピソードを公開

TVREPORT |

写真=MBC「深夜怪談会」画面キャプチャー
女優のイ・ユビが実際に経験した奇異な現象に対して語った。

最近、韓国で放送されたMBC「深夜怪談会」には、女優キョン・ミリの娘イ・ユビがゲストとして出演した。

彼女の登場にキム・グラは「目に怯えがない」と言いながら、キム・スクのように目が大きいものの、臆病者のキム・スクとは異なるキャラクターだと予想した。

すると、イ・ユビは「普段は怖がりではないが、幽霊の話やホラー映画は怖い」と打ち明け、首に巨大な十字架ネックレスを着用した姿で笑いを誘った。

怖がりの訪問に嬉しくなったキム・スクが「退勤の際に大丈夫だろうか」と怖がらせると、彼女は十字架ネックレスを握りながら「幽霊の話をすると幽霊が来るというじゃないか」と怖がった。

イ・ユビは「海辺の前の研究所」の怪談を紹介した後、「台本を夕方にいただいたので(怖くて)読めなかった」と打ち明けた。

続いて、最後に怪談「じゃんけん」を紹介したキム・スクの話には「子供のごろに経験したことと似ている」とゾッとする経験談を公開した。

日本に住んでいる母方の祖母の家に遊びに行った12歳のイ・ユビ。祖母はホラー映画のマニアで、廊下の片面にホラー映画のDVDをいっぱい並べていたという。

イ・ユビは「寝ていた私が突然起きて、DVDのうち1つを再生したという。だが記憶がない」とし「エピソードの中の主人公と同じく、笑わず、食事もせず、元気のないままいたと言われた。日本から帰った後に治った」と言い、鳥肌を立たせた。

・イ・ユビ、爽やかな夏ファッションを披露…愛らしいビジュアルに釘付け

・イ・ユビ、キュートな近況写真を公開…短い前髪で魅力をアピール

記者 : キム・ウンジョン