Xdinary Heroes、1stミニアルバムの収録曲のライブクリップを続々公開…ロックバンドならではの魅力

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
JYPエンターテインメントのボーイズバンドXdinary Heroesが、1stミニアルバムの収録曲のライブクリップを公開し、実力派ロックバンドならではの魅力をアピールした。

Xdinary Heroesは7月20日、1stミニアルバム「Hello,world!」とタイトル曲「Test Me」を発売した。メンバー全員が作詞・作曲に参加したこのアルバムには、グループの個性が盛り込まれており、ユニークな収録曲は韓国国内外のリスナーから好評を博して、今夏のプレイリストを彩っている。

そしてJYPは公式SNSチャンネルにニューアルバムを200%楽しめる収録曲のライブクリップを続々と公開し、バンドグループだけの魅力をアピールしている。7月22日、タイトル曲「Test Me」を皮切りに26日に2番トラック「KNOC KDOWN」、8月2日には3番トラック「Sucker Punch!」の映像が公開された。

映像の中でメンバーたちは、爽やかなボーカルと優れた楽器の演奏で幻想的なライブの実力を誇った。彼ら作り出す豊かなバンドサウンドと生き生きとした歌声は、音源とは異なるライブならではの魅力を漂わせ、華やかなLED画面と照明で曲の雰囲気をさらに際立たせた。世界中の視聴者たちは「楽しいバンドサウンドにロック調のボーカルまで、ライブが本当に上手だ」「今回のアルバムは全曲が本当に良い曲だ。ライブクリップで見られるなんて嬉しい」など、称賛を惜しまなかった。

1日午後には新曲「Test Me」のバンドパフォーマンスビデオも公開された。ミュージックビデオの中で作戦を組んでいたアジトにいるメンバーたちは、強烈なバンドパフォーマンスと個性豊かなビジュアルで視線を奪った。

彼らは最近、NAVER NOW.の様々なショーに出演し、活躍した。2日に「NEXTREND」でVIBEとNAVER NOW.が選定した7月のライジングスターに選ばれたXdinary Heroesが、有名なクリエイターのテンカン、チンジョルミと共にショートフォームコンテンツの撮影に乗り出した。この日挑戦した「ウ・ヨンウの挨拶法」チャレンジは、人気ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で主人公のウ・ヨンウと友人トングラミがする独特な挨拶法だ。「ウ to the ヨン to the ウ」のように名前の間に「to the」を付けて手の動作するものでドラマの視聴者はもちろん、アイドルグループの間でもブームが起きている。

その後行われたタイトル曲「Test Me」のダンスチャレンジまで、バンドグループのダンスチャレンジに、視聴者たちは“Dancedinary Heroes”という愛称を付けた。また、2日に出演したMBC FM4U「正午の希望曲、キム・シニョンです」、3日に出演したNAVER NOW.「INFINITE ソンギュの深夜アイドル」ではトークの腕前はもちろん、優れたタレント性と才能を披露し、K-POPファンを魅了した。

JYPがDAY6以来、約6年3ヶ月ぶりにローンチした6人組の新人バンドXdinary Heroesは、クセになるメロディーとZ世代の覇気を込めたストレートな歌詞を特徴とするカムバック曲「Test Me」で、様々な音楽番組に出演し、精力的に活動している。





記者 : イ・スンフン