BTS(防弾少年団)の衣装落札も!“日本のスーパーリッチ”な事業家を韓国番組で特集

MYDAILY |

写真=チャンネルS
チャンネルS「キム・グラのラテ9」(以下、「ラテ9」)で“スーパーリッチ”な世界が公開された。

韓国で最近放送された「ラテ9」では、「スーパーリッチの素朴な金遣い:いくらならいいの?」というテーマでトークが繰り広げられた。

収録には特別MCとしてファン・チヨル、MZ世帯を代表するゲストとしてLIGHTSUMのサンアとハン・チョウォンが、スタジオを訪れた。

キム・グラは9位に挙がった「お年玉で100億ウォン(約10億円)をばら撒いた財閥」に関する話を切り出した。番組は日本の事業家である前澤友作氏は、衣類のショッピングモール事業を始めたが、これが大ヒットし、現在推定資産は約2兆ウォン以上(約2,000億円)に達する。彼はお年玉で、赤の他人に100億ウォン(約10億円)に達するお金を配るイベントを開催し“お金配りおじさん”というニックネームを得たと紹介した。

このような話にファン・チヨルも自分のお年玉事情を公開した。「普段、甥たちにお年玉としていくらあげるのか?」というキム・グラからの質問に、彼は「お正月とお盆の時にしか会えないので、50万ウォンから100万ウォン(5万円~10万円)程あげている」と答えた。特に最も小さい甥の年齢は5才だと明かし、“アジア皇太子”の太っ腹な金遣いを実感させた。

また番組は前澤友作氏のYouTubeにも言及し、彼は1兆ウォン(1020億円)が入っている通帳の残高を公開したほか、BTS(防弾少年団)がチャリティーオークションに出品した衣装を人気YouTuberのHIKAKINとともに16万2500ドル(約1700万円)で落札し、オークションの様子、開封の様子を動画で公開して、話題を集めたと紹介した。

記者 : パク・ユンジン