キム・スルギ&オ・ドンミン、新ドラマ「法に則って愛せ」スチールカットを公開…制服姿も披露

Newsen |

写真=KBS 2TV
「法に則って愛せ」のキム・スルギとオ・ドンミンのツーショットが公開された。

韓国で9月5日午後9時50分に放送がスタートするKBS 2TV新月火ドラマ「法に則って愛せ」は、検事出身でビルの持ち主であるキム・ジョンホ(イ・スンギ)と4次元弁護士の入居者キム・ユリ(イ・セヨン)の“ロー(Law)マンスドラマ”だ。閲覧数2500万回以上を記録した作家ノ・スンアの同名ウェブ小説を原作にした作品で、繊細な演出力のイ・ウンジン監督と卓越した筆力の脚本家イム・ウィジョンの出会いで、2022年下半期最高の期待作に挙げられている。

「法に則って愛せ」には、作品ごとに圧倒な存在感を見せてきたキム・スルギとオ・ドンミンの合流のニュースが伝えられた。まず、キム・スルギは“ソヨン高校4人組”のリーダーで、警察隊出身のエリート、ハン・セヨン役で、“ボーン・トゥ・ビー・カリスマ”からキム・ユリ(イ・セヨン)に気を配るお姉さんらしさまで、様々な魅力をアピールする。

オ・ドンミンは“ソヨン高校4人組”の中の空気を読み、仲裁するユーモア担当で、イタリアレストラン「ニョッキ」のシェフであるト・ジンギ役を演じて、キム・ジョンホ(イ・スンギ)を応援するセンス溢れる一面を表現する。ハン・セヨン(キム・スルギ)とト・ジンギ(オ・ドンミン)は、幼なじみから高校時代の初恋の人になった後、夫婦になるという。

キム・スルギとオ・ドンミンのみずみずしい高校生時代の姿と共に結婚したシーンが公開された。学生時代のハン・セヨンは、“ソヨン高校4人組”のリーダーらしく、ワイルドな眼差しで学生たちを取り仕切り、ト・ジンギは愉快な表情で自由奔放さをアピールし、“強弱ケミ(ケミストリー、相手との相性)”を見せる。また、ウエディングドレスを身にまとって明るく笑う花嫁ハン・セヨンと、タキシードを着て感激している花婿ト・ジンギの姿もある。“異なるからもっと惹かれる”ハン・セヨンとト・ジンギが見せる、ラブコメディー史上最も愛らしい夫婦の姿が関心を集めている。

キム・スルギは「面白い台詞と素敵な俳優、スタッフたちと一緒に過ごす毎日が大切だ。俳優たち同士の呼吸も非常に良いし、カメラの外の撮影現場の雰囲気も良くて、全ての瞬間楽しく撮影している」と胸いっぱいの出演の感想を語った。続いて、自分が務めたハン・セヨン役については「“ギャップのあるカリスマ性”と言いたい。ハン・セヨンは、明るくてサバサバしていて、ワイルドながらもしっかりとした内面を持つ、多彩な姿を持つキャラクターだ」と話した。また、「この作品に参加することができて本当に感謝している。その感謝の気持ちに応える俳優になろうと誓った。私が現場でエネルギーを得ている分だけ、視聴者の皆さんもドラマを見ながら明るいエネルギーを感じていただけるように努力した」と覚悟を語った。

オ・ドンミンは「素敵な同僚俳優、良い脚本家、監督をはじめ、素晴らしいチームと共にすることができてありがたい。ジンギとしてドラマに入り込みたい」と出演の感想を語った。また、ト・ジンギを「セヨン(キム・スルギ)に一途」だと定義したオ・ドンミンは、「ドラマでスパイス役を果たさなければならないし、関係性を見せなければならない役でもあるので、自分の位置を正確に知って、ドラマに溶け込むように準備したい」と話した。

製作陣は「キム・スルギとオ・ドンミンは、劇中でイ・スンギとイ・セヨンの過去と現在を繋ぐ重要な人物として登場する。『法に則って愛せ』でしっとりした表現力で多彩な楽しさを届けるキム・スルギとオ・ドンミンの活躍を応援してほしい」と伝えた。

記者 : キム・ミョンミ