ヒョンビン、映画「コンフィデンシャル/共助2」で約4年ぶりにスクリーン復帰!“アップグレードした姿をお見せしようと努力した”

MYDAILY |

写真=CJ ENM
俳優のヒョンビンが映画「共助」に続き、続編「コンフィデンシャル/共助2」でより一層強力になった魅力の北朝鮮のエリート刑事リム・チョルリョンになって帰ってくる。

同作は南北初の非公式共助捜査という新鮮な設定と、ヒョンビンとユ・ヘジンの愉快なケミ(ケミストリー、相手との相性)で、観客動員数781万人を超える大ヒットを記録した「共助」の続編だ。

グローバル犯罪組織を捕まえるために、再び出会った北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)と韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)、そして海外派のFBIジャック(ダニエル・ヘニー)の予測不可の三角共助捜査を描く。

「共助」をはじめ、映画「スウィンダラーズ」「ザ・ネゴシエーション」、ドラマ「愛の不時着」「アルハンブラ宮殿の思い出」「シークレット・ガーデン」など、ジャンルとキャラクターを問わず、数多くの映画とドラマで幅広い演技を披露したヒョンビンが、今作のリム・チョルリョン役で何と約4年ぶりにスクリーン復帰を果たす。

北朝鮮のエリート刑事リム・チョルリョンは、新しい任務を持って韓国に来て、ジンテとFBIジャックとともに三角共助を率いる人物だ。

ヒョンビンは「すべての面でアップグレードしたチョルリョンの姿をお見せしようと努力しました」と明かし、期待を高めた。彼は以前より韓国生活に慣れた姿はもちろん、打撃感のあるアクションから、ユ・ヘジンとダニエル・ヘニーとの親密な捜査ブロマンス(男同士の友情)ケミまで、多彩な魅力を披露する。

演出を務めるイ・ソクフン監督は「ヒョンビンは撮影に対する準備が非常に徹底しており、プロフェッショナルな俳優だ。キャラクターと現場に対する悩みも、驚くほどディテールだった」と絶賛した。

「コンフィデンシャル/共助2」は、韓国で9月に公開される予定だ。

記者 : キム・ナラ