KARA出身スンヨン、映画「Untact Love」のヒロインに抜擢!“久々のラブコメディにワクワクしている”

Newsen |

写真=YG ENTERTAINMENT
KARA出身のスンヨンが映画のヒロインになった。

本日(28日)、所属事務所によると、彼女は映画「最悪の隣人と恋に落ちる方法:Untact Love」の出演が決まり、クランクインを控えているという。

同作は、2015年に公開した同名のフランス映画をリメイクした作品で、顔も名前も知らない男女が一つの壁を間に置いて繰り広げるストーリーを描くドタバタラブコメディだ。

スンヨンは静かで平凡な日常を送っていたところ、無名歌手のドビン(イ・ジフン)が隣に引っ越してきて、人生が大きく変わってしまうフィギュアアーティストのホン・ラニ役を演じる。

愛らしいビジュアルと爽やかでハツラツとした魅力を持つスンヨンは、今回の作品を通じてリアルな恋愛物語を描く予定だ。

彼女は「久しぶりにラブコメディに挑戦し、ワクワクしている。原作の面白さと愛らしさをうまく生かしながら、監督や俳優たちと共に私たちだけの魅力で一生懸命に表現する」と新しい作品に臨む感想を伝えた。

ドラマ「青春時代」「恋する十二夜~キミとボクの8年間~」「学校奇談ウンボ」など、多様な作品に出演したスンヨンは昨年、初の長編映画主演作である「Show Me the Ghost」で「富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」のコリアンファンタスティック長編部門の俳優賞審査委員特別言及を受ける成果を上げた。

「最悪の隣人と恋に落ちる方法:Untact Love」は8月にクランクインを控えており、韓国で来年公開される予定だ。

記者 : パク・アルム