BIGBANGのT.O.P、YGと契約終了後初めて公の場に…映画「非常宣言」VIP試写会に出席

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
BIGBANGのT.O.PがYG ENTERTAINMENTと契約終了後初めて公式活動を行った。

今月25日、ソウル三成洞(サムソンドン)MEGABOX・COEX店で映画「非常宣言」のVIP試写会が開催され、T.O.Pはセレブ兼事業家として出席し、フォトタイムを行った。

彼の登場が周りを驚かせたのは、彼が4月のBIGBANGのカムバックと同時にYG ENTERTAINMENTとの契約が終了した後、初めて公の場に立ったからだ。

当時、T.O.Pは自身のInstagramに「今この瞬間、僕は人生においてまた新たなターニングポイントを迎えていると思う。遠くない未来、インスピレーションを与える人として、帰ってこれる日を楽しみにしている」と挨拶をした。

契約終了後初めて公式活動を行った彼は、シンプルなスーツ、太いフレームの眼鏡、銀髪に近いヘアカラーで多彩な魅力を披露した。

今回のVIP向け試写会にはT.O.Pの他にもイム・ヨンウン、BTS(防弾少年団)のジン、カン・テオらが出席した。

映画「非常宣言」は飛行機テロ事件を描いた作品であり、韓国で8月3日に公開される。

・BIGBANGのT.O.P、本格的にワイン事業をスタート?YG離れ早くも次の活動を予告…日本の芸術家も参加か

・YGと別れの挨拶?BIGBANGのT.O.P、カムバック直後のインスタ投稿に注目「僕にとって大きな意味がある」

記者 : イ・ヘミ