HighlightからAB6IXまで、豪華アイドルが「2022 G-KPOPコンサート」で夏の夜を盛り上げる

OSEN |

写真=IDUS
K-POPのスターたちが総出動した「2022 G-KPOPコンサート」が盛況のうちに終了した。

7月15日から17日までの3日間にわたって、オンラインとオフラインで開催された江南(カンナム)区役所主催「2022 G-KPOPコンサート」は、COEX東側広場で世界中のK-POPファンの歓声の中で行われた。

コンサート初日の15日には、AB6IX、OnlyOneOf、YOUNITE、Cherry Bulletがステージに上がってコンサートの開始を知らせた。16日にはLABOUM、SECRET NUMBER、Weke Meki、P1Harmonyが出演して、土曜日の夜を盛り上げ、最終日の17日には未来少年(MIRAE)、EVERGLOW、KARD、Highlightがステージに上がって、コンサートのフィナーレを華やかに飾った。

今回のコンサートの司会を務めた元4Minuteのチョン・ジユンは、15日にAB6IXのイ・デフィ、16日にP1Harmonyのインタク、17日に未来少年のソン・ドンピョとタッグを組んで、より一層会場の雰囲気を盛り上げた。コンサートに参加したK-POPスターたちは、それぞれ3曲の代表曲でセッリストを組み、観客たちの五感を刺激する華やかなステージを披露した。さらに、ステージの途中でファンとコミュニケーションをとるなど、ライブならではのファンサービスで、観客に忘れられない思い出をプレゼントした。

新型コロナウイルス感染拡大の長期化によって、低迷している文化芸術や公演業界を盛り上げるためのプロジェクトにふさわしく、今まで会場でファンとコミュニケーションする機会が少なかったK-POPスターたちは、これまでの残念な気持ちを一気に吹き飛ばす魅力的なパフォーマンスを披露した。残念ながら会場に来ることができなかったファンは、「江南区」「1TheK」「UPLIVE」のYouTubeチャンネルを通じて、オンライン生中継で公演を楽しんだ。

その他にも、2日目の夜にはサプライズK-POP EDMパーティーが開かれ、夏の蒸し暑さを一気に吹き飛ばした。K-POPスターたちの幻想的なステージに、ファンも熱い歓声で応え、久しぶりに開催された大規模な公演は、WITHコロナの時代の新しい公演文化を示し、安全に終了した。

記者 : チェ・ナヨン