「還魂」イ・ジェウク、チョン・ソミンと再会“会いたかった”【ネタバレあり】

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「還魂」放送画面キャプチャー
イ・ジェウクとチョン・ソミンが再会し、心が通じ合った。

韓国で7月17日に放送されたtvN土日ドラマ「還魂」第10回(脚本:ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出:パク・ジュンファ)で、ムドク(チョン・ソミン)は本音を表してしまったことに当惑した。

チャン・ウク(イ・ジェウク)はソンリム)精進閣の術士になり、ムドクと別れることになったが、一度そこを抜け出し、ムドクに会いに行った。ムドクはチャン・ウクとすれ違うところだったが、船に乗ったチャン・ウクを見てソンリムの求人広告を投げ「私が行くから、待ってて!」と言った。

その後、ムドクは紆余曲折の末にソンリムに下女として入り、チャン・ウクと再会した。その間、チャン・ウクはパク・ジン(ユ・ジュンサン)がくれた心書を読んでミッションを解いた。そうやって再会したムドクに、彼は彼女が投げた求人広告のことを「心を交わした手紙」と言った。

また「返事を書く時は、若旦那がいいか、弟子と書くべきか。読んだ通りに返事をすべきか。ここに書いてあるだろう? 君にさえ会えたら、何でもできる。それに対する答え」とし「俺も会いたかった。これが返事」と告白した。

するとムドクは「これほどの距離に人を置く時は、覚悟をすべきだった。私が送ったのは、見せてはいけない、渡してもいけない愚かで哀れな私の恋文だった」と自身の感情を認め、当惑した。

ムドクはチャン・ウクを通じて刺客のナクス(コ・ユンジョン)の力を取り戻そうと思っていたが、いつの間にか大きくなったチャン・ウクへの恋心を否定できなくなった。そしてその心にチャン・ウクも気づき、2人のロマンスに関心が集まった。

記者 : ユ・ギョンサン