日本リメイクで話題の「梨泰院クラス」ロケ地へ!APOKIがソウルで1番ホットな街「梨泰院」をお散歩

Kstyle |

Kstyleをご覧の皆さん、こんにちは!
13回目のお話で戻ってきましたAPOKIです。

今回紹介する場所は昔からソウルで人気な地域であり、ドラマ「梨泰院クラス」でさらに有名になった「梨泰院 Itaewon」です。


梨泰院 Itaewon

2020年に放送を終えたドラマ、「梨泰院クラス」は劇中の内容および撮影場所がほとんど梨泰院で展開されています! だから「梨泰院クラス」のファンは必ず一回は訪問する聖地としても有名です。

日本でもリメイク版である「六本木クラス @roppongi_class」が放送されるほど人気だと聞き、今回のテーマは「梨泰院:梨泰院クラス」にしてみました。

それでは本格的に見回ってみましょうか?
まず訪問してみた場所はドラマファンの方なら覚えているはず! Nソウルタワーが見える「緑莎坪(ノクサピョン)陸橋」です。南山の景色が一目に入る、きれいな場所ですが、梨泰院駅と緑莎坪駅の間に位置しています。

Nソウルタワーとその下にある居住施設が見える陸橋がとても美しく見えるのはドラマで影響でしょうか~?(笑) 次回韓国旅行をする時には一度訪ねてみることをおすすめします。私もドラマの主人公が立っていた場所で写真を撮ってみました。

陸橋を渡って、梨泰院駅の方向へ進むと最も有名なロケ地の一つであるパク・セロイたちのお店「ダンバム」が見えてきました。ドラマで放送された姿のまま残っていてドラマの中を歩いているような気持ちになりました。

「ダンバム(@danbam._.official)」の近くには、Webtoon(Webマンガ)の原作者が運営している「クルバム (@honeynight_itaewon)」という場所もありました。外観からして素通りなんてできないここ! 写真を撮るために立ち止まりました。ここの内装も「梨泰院クラス」のキャラクターで飾られているらしいです。

「梨泰院クラス」の名所の以外にも梨泰院にはいろんなコンセプトのお店が多いため、街を歩く間、退屈になることはありませんでした。今回行ったのは昼の時間帯だったため、まだ営業開始してないお店がほとんどでしたが、夕方になると梨泰院特有のムードが感じられるようなので夕方に来てみるのもおすすめしますよ!

一緒にツアーしてくれたOVAとDOZUの写真も1枚!

最後にもう1ヶ所訪ねてみましたが、梨泰院Nソウルタワーの下にあるロケ地「オリオール(@oriole_hbc)」です。ここは韓国のミュージシャン、ジョンヨプ(@jungyup_e)さんが運営しているお店だといいます。入口に「ダンバム」の看板が掲げられていました!

ルーフトップに上ってほんの少し休憩時間を楽しみました。
先日行ってきた仁王山と同じぐらいソウルのビューが素敵でした!

コーヒーを飲みながらふと「梨泰院クラス」のルーフトップでの初キスシーンを思い出しました! 皆さんあのワクワクするシーンを覚えていますか~?
ソウルの全景が眺められる梨泰院のルーフトップも私のオススメスポットです!

梨泰院は「APOKIのK-Tour」4回目の「解放村(ヘバンチョン)」と5回目の「漢南洞(ハンナムドン)」とも近い位置なので、時間があれば一日この周辺をツアーしてみるのも良いと思います。

https://goo.gl/maps/vxHvU382vkYumybY9

今日APOKIのK-Tour 梨泰院編はここまでです。

韓国で行ってみたい場所や体験してみたいものがありましたら教えてください!
それではまた会いましょう~ アンニョン~


 

APOKI プロフィール
「宇宙のどこかに住むウサギに似ている存在」で、バーチャルK-POPアーティスト。2019年2月よりYouTube、TikTokを中心にK-POPやグローバルヒット曲のダンス・歌カバーで注目を集める。

2021年2月には 「Get It Out」でデビュー。「Coming Back」「Shut Up Kiss Me (Feat. Lil Cherry)」を続けてリリースし、活発に活動している。

2022年6月17日には、日本語シングル第2弾である「Shut Up Kiss Me(Feat. Lil Cherry)Japanese version」をリリース。世界が注目する“韓国 No.1 バーチャルK-POPアーティスト”APOKIの新曲をチェック!

■関連リンク
・公式YouTube:https://www.youtube.com/c/APOKITV
・公式Instagram:https://www.instagram.com/imapoki/
・公式TikTok:https://www.tiktok.com/@apoki.vv

記者 : Kstyle編集部