ナム・ユンス、日本ドラマ「重版出来!」のリメイク作「今日のウェブ漫画」でエリート新入社員に変身

MYDAILY |

写真=スタジオS
俳優のナム・ユンスがエリートブレインに変身する。

SBS新金土ドラマ「今日のウェブ漫画」(脚本:チョ・イェラン、イ・ジェウン、演出:チョ・スウォン、キム・ヨンファン)でナム・ユンスは、“ガッセン(God+人生を組み合わせだ新造語で、現実に集中しながら誠実に暮らし計画を実践し他人の模範となる生き方)”を生きてきたエリート新入社員のク・ジュニョン役を演じる。ク・ジュニョンはいつも優等生で、抜群の外貌と華やかな話術、適当なマナーとアティテュードまで兼ね備え、どこでも注目される人物で、いわゆるすべてを手に入れた“オムチナ(ルックスが良く成績優秀で礼儀正しい、何でもできる完璧な子。自慢できる息子)”だ。

しかし、ナム・ユンスはク・ジュニョンについて「ひよこ、新社会人」と紹介した。ク・ジュニョンは入社後、新生ウェブ漫画サービス部に配置される。そして、一生を優等生として生きてきた彼が、漫画について知らないという理由で“劣等生”扱いされる。ナム・ユンスは「よい職場、よい部署、昇進が当たり前だと思っていたジュニョンが、予期せぬ状況に直面する。そして、これまでやったことがない雑務など、与えられた仕事に適応していく過程で、新しい事実に気づく」と説明した。

ナム・ユンスは本格的な撮影に先駆けて、何よりも心構えに集中した。彼は「僕にとっても、ジュニョンにとっても新入社員は初めてなので、新入社員として、その役割を果たす俳優として、新しい始まりのため、一生懸命に頑張る心構えが何よりも大事だと思った」と意気込みを伝えた。

このような新しい始まりは「いつも演じたことがないキャラクターに挑戦したい」という彼が感じた、作品の魅力でもある。昨年、1人だけ愛する“サランクン(恋人に夢中な人)”キャラクターで“サブキャラブーム”を巻き起こしたナム・ユンスが、優しさとは遠いジュニョンという人物を選択した理由だった。これに彼の演技のイメージチェンジ、そして劇中のク・ジュニョンと俳優ナム・ユンスの成長ストーリーは、この作品の注目ポイントでもある。

最後に「一本のウェブ漫画が完成されるまで、すごい努力と時間が必要で、締め切りに間に合うためにはすごい覚悟が必要ということを、この作品を通じて分かるようになった。読者たちが気楽に鑑賞できるように激しく悩む作家の方々、そして傍を守ってサポートするウェブ漫画の編集者の努力と奮闘が感動的だった」と出演感想を伝えた。

「今日のウェブ漫画」は、毎日「今日のウェブ漫画」をアップロードするために、ウェブ漫画業界のダイナミックなオフィスライフに足を踏み入れた、元柔道選手で新米ウェブ漫画編集者オン・マウムのレベルアップ成長記を描いたドラマだ。韓国で7月29日の午後10時より放送スタートする。

記者 : オ・ユンジュ