【REPORT】TWICE ミナ&渡辺直美&三吉彩花、異例の“真夜中撮影”に挑戦!「素肌に自信が持てるようになりました」

Kstyle |

TWICEのミナ、渡辺直美、三吉彩花が13日、都内某所で行われたSK-IIのイベントに登場した。

グローバルスキンケアブランドSK-IIは、SK-II唯一無二の天然由来成分「ピテラ™」をテーマにした、初のグローバルイベント「World Pitera Day」を開催。その中で「どうする?真夜中の撮影」キャンペーンの公開を記念し、グローバルアンバサダー3人によるトークセッションが行われた。

【PHOTO】TWICE ミナ&渡辺直美&三吉彩花「SK-II」のイベントに登場!輝くドレスで女神のような魅力アピール


ひさびさの再会に「大人の女性らしさが…」

MCの呼びかけで、3人は華やかなシャンパンゴールドを基調にしたドレスを身にまとって登場。まず、三吉彩花は「World Pitera Dayというおめでたい日に登壇できること、すごく嬉しいです」とあいさつ。渡辺直美、ミナもイベント参加への喜びを伝え、トークセッションがスタートした。

Q. 今回のキャンペーンを通じて初共演したそうですが、本日久しぶりに直接会った感想はいかがですか?

ミナ:直美さんも彩花さんも、昔一緒にお仕事させていただいたんですが、本当に久しぶりにお会いすることができて光栄ですし、とても嬉しく思っています。

渡辺直美:結構昔に一緒に仕事して、今日久々にお会いしたんですが、お二人がますますお綺麗になっていて、さらに“大人の女性”という上品さが伝わってきました。ステージ裏で「なんか今日ちょっと緊張するね」と喋っていたんですが、本当にまたお会いできて嬉しいです。

三吉彩花:今回、こうして皆さんとご一緒できて嬉しいです。多分、お二人とも(共演してから)5~6年くらい経つんですよね。なので本当に嬉しい気持ちもありますし、懐かしくもあります。


真夜中の撮影に挑戦!「肌に自信が持てるようになった」

Q. 今回「真夜中の撮影」という大胆な企画でしたが、初めて依頼されたときはどう思いましたか?

三吉彩花:やっぱりお肌のことを考えると、「真夜中か……」と最初は思ったんですが、なかなかチャレンジングなことですし、逆に面白いものが撮れるんじゃないかなと思いました。ただ、前日は撮影のことを考えて眠れなくなってしまって……。めちゃくちゃ念入りにスキンケアをして撮影に挑みました。

ミナ:私も最初、お話をいただいたときは「大丈夫かな?」と不安な気持ちもありました。やっぱりそういう時間に撮影したりする状況がなかなかないので、チャレンジではあったんですが、ピテラを使いながら、少しずつお肌にも自信を持つことができて、楽しく撮影することができました。

渡辺直美:無防備な状態を見せるのは大丈夫かなと思いましたが、普段ピテラ使っていることもあって、鏡を見て「あ、イケる!」と自信を持って撮影に臨みました。

Q.具体的な撮影エピソードなどを教えてください。

ミナ:私は長いリハーサルを終えた後の、バックステージでの撮影でした。やっぱり1日中リハーサルをしてると、(夜中は)どっと疲れがたまる時間ですし、疲れが肌に出ちゃうんじゃないかなと思ったんですが、仕上がりを見てもっと自信につながりました。

Q. 撮影では緊張しましたか?

ミナ:やっぱりリハーサルを終えての撮影は初めてだったので……。1日リハーサルして本当にちょっと疲れが出てる時に、もしかしたら肌にも出ちゃうかもしれないと思ったんですが、ピテラエッセンスで毎日スキンケアを一生懸命して、その状態で挑んだので、良い撮影ができたんじゃないかなと思います。

Q. 彩花さんはリビングのようなセットで撮影されていましたね。

三吉彩花:せっかく真夜中の時間帯に撮影するということだったので、一番自分がリラックスしている姿を撮っていただけたらいいかなと思って、自宅のリビングのような環境を作っていただきました。でも不思議な感じでしたね。ピテラを使いながら、何度も自分の素肌の感じとか、どんどん肌が魅力的にいきいきと変わっていく姿が見えました。自宅のリビングのような空間だったので、私のパーソナルな部分も知っていただけたんじゃないかなと思っています。

渡辺直美:すごく楽しい撮影で、耳が痛くなるぐらい爆音で音楽を掛けながら、みんなでちょっと踊りながら撮らせていただきました。その楽しさも伝わったかと思いますし、あまり素肌の状態でお仕事をするということも無かったので、大丈夫かなと思ってたんですが、やっぱり仕上がりを見たときに「あれ、今後これでいっちゃおうかな?」と思えるくらい自信がついたので、いいチャレンジをさせていただきました。


憧れのブランドアンバサダーに!「長く愛される理由感じた」

Q. アンバサダーになる前と後では、SK-IIのイメージは変わりましたか?

ミナ:やっぱりSK-IIはすごく有名なブランドで、小さい時から本当に名前もたくさん聞きましたし、私もすごく使ってみたいなとずっと思っていました。今回このようにお話をいただいて実際に使ってみて、たくさんの方がピテラエッセンスを使っている理由や、ロングセラーの意味をすごく感じることができた経験になりました。

三吉彩花:ミナさんもおっしゃっていたように、本当にいろんな美容家さんや、身近なメイクさんとか、いろんな方から「SK-IIいいんだよね」とよく耳にしていたので、いつか使ってみたいなと思っていました。最初のイメージというと、20代前半とか10代後半から使うにしてはちょっと大人なのかなと感じて、なかなか手を出せずにいたんですが、今回使わせていただいて、使えば使うほど楽しいというか。スキンケアって、やっぱり一番自分と向き合う時間でもありますし、肌がキレイだったら精神的にもポジティブになれますよね。そういう意味で、使いながらどんどん明るい気持ちにさせてくれるようなイメージに代わって、ピテラのおかげで私もポジティブになれたと感じました。

渡辺直美:アンバサダーになる前は、SK-IIといえば完璧で上品で、高級なイメージがありました。アンバサダーのお話を3年前にいただいた時「え、私が?」となりましたし、あまり芸人さんが抜擢されるというイメージがありませんでした。お話をいただいた時に、SK-IIさんはいろんなことに新しくチャレンジしていったり、未来に向かっていろいろと挑戦していく、そして進化していくブランドなんだなというように、イメージがすごく変わりました。

Q. ミナさんと彩花さんは、今回のキャンペーンを通して初めてピテラエッセンスを使ったと思いますが、アンバサダーの先輩である直美さん目線でのアドバイスやオススメの使用方法はありますか?

渡辺直美:SK-IIの商品はすごくたくさんあって、その時その時、季節によって製品を変えるという使い方をしています。冬だったら乾燥が気になるとか、夏はさっぱりしたいので、メイク落としをジェルに変えてみたりとか、結構その季節によって変えるのが好きです。

記者 : Kstyle編集部