「なぜオ・スジェなのか」ファン・イニョプ、ソ・ヒョンジンに裏切られたと知るも“地獄で唯一…”【ネタバレあり】

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「なぜオ・スジェなのか」放送画面キャプチャー
ファン・イニョプがソ・ヒョンジンが裏切ったことを知るも許した。

9日に韓国で放送されたSBS金土ドラマ「なぜオ・スジェなのか」で、オ・スジェ(ソ・ヒョンジン)とコン・チャン(ファン・イニョプ)が「キム・ドング事件」の背後を追跡した。

同日、スジェは自身が国選弁護人だった時代に守れなかったコン・チャン(キム・ドング)への罪悪感を表し、距離を置きながらも、チャンの屋根部屋にあった資料の写真を撮って事件の真相を把握しようとした。チェ・ジュニ(チャ・ジョンファ)は「あなたがキム・ドングさんを捨てたわけではない。チャンさんにそう言って。理解してくれるはず」とアドバイスしたが、スジェは「理解を求めること自体、話にならないでしょう」と言った。

チェ・ユンサン(ペ・イニョク)はチェ・ジュワン(チ・スンヒョン)を通じて、当時検事長だったチェ・テグク(ホ・ジュノ)がペク・ジンギ(キム・チャンワン)を動かし、スジェがドングを裏切るように操ったことを知った。その後、ソ・ジュンミョン(キム・ヨンピル)にドング事件に関するファイルを貰い、さらに深く調べた。

チャンはノ・ビョンチュル(キム・ジンハン)が真犯人ではないことを確信して背後を追跡したが、仮釈放を控えているビョンチュルは刑務所の一人部屋で自殺した状態で発見された。チャンはジンギが自身を最後まで見守り、協力者になれると思っていた。しかし、彼が事故前からドングが犯人ではないことを知りながらも、1年間収監されるように促した背後であることを知って「絶対に協力はしない」と背を向けた。

ジンギの娘であるカン・ウンソ(元Secret ソナ)とチョン・ナジョン(ファン・ジア)に関する事件について知ったスジェも、ジンギとユン・セピル(チェ・ヨンジュン)の卑劣さを知って憤った。ジュニがインターンだった当時、ナジョンという名札のコンビニのベストを着て運ばれた交通事故の患者はウンソであり、性的暴行を受けた跡があった。

ウンソとナジョンに被害を及ぼしたのは、ジュワン、ハン・ドンオ(パク・シヌ)、イ・シヒョク(ウォン・ヨンフン)だった。彼らはそれぞれテグク、ハン・ソンボム(イ・ギョンヨン)、イ・インス(チョ・ヨンジン)の息子だった。3人の父が息子たちによって事故に遭う瞬間を目撃したナジョンを殺害し、ドングに濡れ衣を着せたのだ。

スジェはドングの潔白を誰よりも知りながらも、自身に彼を捨てるように仕向けたジンギを憎み、10年間それを黙って娘の復讐のためだけに他人の人生を崩してきた行動を指摘した。するとセピルは「お父様は、勝てる喧嘩をしなかっただけだ。僕が力をつけて彼らを相手しようとした」と弁護したが、スジェは「黙りなさい!」と怒った。ジンギは「自分に罪があった」とし、テグクの前に跪くしかなかった事情を明かした。

「キム・ドングが生きている。それがコン・チャン」という事実を知ったテグクは憤った。当時、ドングを殺して収監されたビョンチュルの特別管理を違法に依頼したハン室長は、今回も「息子の命にかけて解決します」と頭を下げた。

ユンサンはスジェがわざと裁判で負けた事実をチャンに知らせるために、学校にジュンミョンを呼んだ。「教授が完敗した事件について調べたら、キム・ドング事件があった」とし、授業を口実に同事件を題材にした。ユンサンの意図に気づいたスジェはジュンミョンと対立した。その中でもチャンはドングの立場からスジェをかばい、守った。

スジェはナイフから出た身元不明の指紋について公開的に調べるべきだったが、調査が行われなかったことを指摘した。チャンは「その指紋について検察や警察、どこからも捜査をしなかった。ナイフからキム・ドングの指紋が出たとしても、身元不明の指紋は果たして誰のものだろうかというところを明かすべきだった」と訴えた。スジェはミョンジュンを見て「罪のないキム・ドングを犯人にして、それを隠すためにノ・ビョンチュルを犯人にした人。先輩はそれができる器ではない。誰かが絶対にいる。誰?」と責めたが、ミョンジュンは「陰謀論にすぎない」と一蹴した。

真実を明かしても2人の関係が破れないと、ユンサンはチャンに「君は姉さんを騙して姉さんは君を捨てた。その裁判で、姉さんは君を捨てた。完敗したからTK法律事務所に行けた。ペク・ジンギ院長を通じて、キム・ドングの裁判で負ければ立件中の家族を釈放するという取り引きをした。君と姉さんは、こういう関係であってはならない」と明かした。

少し動揺したチャンは「構わない。教授があの時、僕を捨てて家族を助けたならそれが正しい。僕でもそうしたと思う」とし「あの地獄で僕を信じてくれた唯一の人が教授だ。信じているという言葉一つが、人を生きられるようにするということを、兄さんには想像もできないだろう」と言って深い信頼を見せた。

「そんなふうにお人好しだから利用されるんだ」ともどかしい表情のユンサンを見てチャンは「お人好しでも構わない。僕を信じてくれた人がいたから。裁判で僕を捨てたとしても構わない」とブレなかった。一方、電話で2人の会話を聞いてしまったスジェは、チャンの言葉に涙を流した。

記者 : キム・ウンジョン