ホ・ソンテ、映画「Hunt」の役作りのため15kg減量…イメージチェンジに注目

Newsen |

写真=MEGABOX中央(株)PLUS M
俳優のホ・ソンテが、「Hunt」のために15kgを減量してイメージチェンジを図った。

韓国で8月10日に公開される「Hunt」(監督:イ・ジョンジェ)は、組織内に隠れたスパイを探し出すため、お互いを疑う国家安全企画部(安企部)の要員パク・ピョンホ(イ・ジョンジェ)とキム・ジョンド(チョン・ウソン)が、“大韓民国第1号暗殺作戦”という巨大な事件と直面することから繰り広げられるスパイアクション映画だ。

ホ・ソンテは、スパイを探す安企部の国内チーム要員チャン・ソンチョル役を務める。チャン・ソンチョルは、国内チーム次長キム・ジョンド(チョン・ウソン)の手足のように動く心強いチーム員で、組織内に隠れたスパイを探し出すために、海外メンバーを取り調べるパク・ピョンホ(イ・ジョンジェ)を危機に陥れる。

ホ・ソンテは作戦の遂行のためなら、前後の見境なく突き進むブルドーザーのような性格を持つチャン・ソンチョルに対して「これまで務めてきた役とは完全に違っていた。透徹的なプロ意識を持っており、すべてのことに頑張ろうとする姿に共感した」と伝えて、愛情を表した。

彼はキャラクターを深く理解するためにイ・ジョンジェ監督と様々な話を交わして、人物の完成度を高めた。特に台本読み合わせの前にイ・ジョンジェ監督と1対1読み合わせを5回以上も行い、撮影現場でも小さな行動と歩き方まで細かく設定して自分だけの色を吹き込んだチャン・ソンチョルを誕生させた。

また、Netflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」のチャン・ドクス役のために15kgを増量したホ・ソンテは、「Hunt」でシャープな要員のイメージやスーツを完璧に着こなすために15kgを減量するなど、ビジュアル的にも多くの努力を傾けた。

記者 : ペ・ヒョジュ