ENHYPEN、3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY 1」最後のコンセプトフィルムを公開…エネルギー溢れる姿

Kstyle |

ENHYPENが新しいアルバム最後のコンセプトフィルムをもって、3つのコンセプトの公開を終えた。

ENHYPENは23日午後7時、公式SNSを通じて来月4日に発売を控えた3rdミニアルバム「MANIFESTO : DAY 1」の最後のコンセプトである「M」バージョンのコンセプトフィルムを公開した。

映像は大人とは正反対の立場で主体的に人生を生きていこうとする7人の少年の姿を盛り込んだ。モノクロのスーツとネクタイ、書類のバッグなどで定型化した群衆と対比される各メンバーの個性を表したスタイリングが目を引く。

7人のメンバーは、電動キックボード、ローラースケート、自転車などの多様な小物を活用し、大人の間を自由に走り回るなどエネルギー溢れる姿を見せた。感覚的でありながら速度感のある演出が映像のへの没入度を高めると同時に「Paradoxx」という謎の文字が登場し、新しいアルバムに対する好奇心を高めた。

ENHYPENは17日から公開してきた3つのコンセプト「D」と「J」、そして「M」バージョンのコンテンツを全て公開した。今まで見たことのないENHYPENの反抗期の雰囲気が漂う、荒々しい姿を表現した「D」に続き、同年代の少年たちと同じ身近な姿と何かを決意した表情でマイクを持った「J」、そして世の中の規則を拒否し主体的に人生を生きていこうとする少年たちの強い意志を表現した「M」まで、多彩な魅力を併せ持つENHYPENの卓越したコンセプトの表現力が印象的だ。

ENHYPENは27日には新しいアルバムトラックリストのポスターを公開する予定だ。

記者 : Kstyle編集部