BTS(防弾少年団)「ミュージックバンク」で1位を獲得!TWICE ナヨンのソロデビューステージも

OSEN |

写真=KBS 2TV「ミュージックバンク」放送画面キャプチャー
BTS(防弾少年団)が「ミュージックバンク」の上半期決算でも1位を占めた。 

韓国で24日に放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」は、2022年上半期決算特集「サマーワークショップ」が組まれた。 

この中で6月第4週の1位候補としては(G)I-DLEの「TOMBOY」とBTSの「Yet To Come」が上がった。その結果、BTSが出演せずに1位のトロフィーを手に入れた。 

(G)I-DLEは、新曲「TOMBOY」をフェスティバルバージョンで編曲したパフォーマンスを披露し、上半期決算特集にふさわしい1位候補の威厳を誇った。 

TWICEのナヨンは、ソロデビュー曲「POP!」でステージに立った。「1人で立つステージなのでとても緊張するけれど、久しぶりにONCE(ファンの名称)の前に立つことができて期待している」と明かしたナヨンは「夏とよく似合う楽しいダンス曲」と紹介した。続けて彼女は「手でやるポイントダンスに注目してほしい」と話した。また「メンバーたちが撮影現場にコーヒーのケータリングカーを贈ってくれたのがとても嬉しかった」と明かした。

Kep1erは、「WADADA」のパフォーマンスを披露したのに続き、新曲「UP!」で相次ぐステージを飾った。中毒性の強いサビとポイントダンスが際立つ「WADADA」に続き、軽快な“サマーソング”の雰囲気が感じられる「UP!」で、Kep1erならではの魅力をアピールした。

上半期決算らしい特別ステージもあった。「ミュージックバンク」のMCを務めるIVEのチャン・ウォニョンとENHYPENのソンフンが特別ステージを飾ったのだ。2人は混成グループCoolのヒット曲「海辺の女」を2人だけのバージョンで編曲し、愛らしいサマーソングで盛り上げた。またASTROのムンビンとBilllieのムン・スアは、“ナンメ(兄妹)ズ”として、ペク・チヨンと2PMのテギョンの「私の耳にキャンディ」のステージを披露した。 

fromis_9は、先輩であるRedVelvetの「Feel My Rhythm」をカバーし、“紙吹雪の熱風”を再現した。NMIXXはITZYの「ICY」で特別ステージを披露し、ファンの歓声を誘った。IVEは「ELEVEN」と「LOVE DIVE」で相次いでステージを飾り、上半期決算を盛り上げた。 

カムバックラッシュも続いた。GOT7のヨンジェは、ソロ曲「SUGAR」でカムバックした。KARDは、最近リリースした新曲「Ring The Alarm」でカムバックステージを披露した。 

イム・ヨンウンはハツラツとした雰囲気のミディアムテンポバラードダンス曲「虹」でアイドルに劣らないビジュアルを誇った。さらに、彼はダンスブレイクまで試み、新しい姿を見せたりもした。

この他にもこの日の「ミュージックバンク」には、ENHYPEN、LE SERAFIM、STAYC、TAN、TOMORROW X TOGETHER、X1出身のキム・ウソク、ウォノ、今月の少女(LOONA)、PENTAGONなどが出演した。

記者 : ヨン・フィソン