DKB、初の単独アメリカツアーを成功裏に終了…充実した公演内容でファンへの愛情を表現「幸せな気持ちでいっぱい」

Kstyle |

DKBが、デビュー後初となる単独アメリカツアーを成功裏に終了した。

6月22日、所属事務所のBraveエンターテイメントによると、DKBは同月19日(現地時間)に開催されたロサンゼルス公演を最後に、「2022 DKB MEET&LIVE U.S. TOUR」の幕を下ろした。

彼らは、10日(現地時間)からニューヨークをはじめ、シカゴ、アトランタ、ダラス、デンバー、ロサンゼルスまで、全6都市でツアーを実施。

「Sorry Mama」「Sober」など、歴代タイトル曲のステージを通して、パワフルなパフォーマンスの実力はもちろん、韓国の伝統的な感性で再誕生した「Rollercoaster[Remix]」や、現地ファンのために準備したスペシャルステージまで披露し、充実したセットリストで現場を熱気で包んだ。また、ファンサイン会やハイタッチ会など、様々なイベントで親密にコミュニケーションを取り、現地ファンの心をときめかせた。

E-CHANは、初の単独アメリカツアーを終え「今回のツアーを通じて、どれほど貴重な愛をもらっているのかを改めて感じられたし、もっと一生懸命前進していく力を得ました。どんなに遠く離れていても、お互いが同じ場所を見つめて、同じ心で毎日を過ごしていれば、いつかは1番近い存在になれると信じています」と伝えた。

YUKUは「ツアー前は心配も多かったですが、いざステージに立って、BB(ファンの名称)を目にしたら、幸せな気持ちでいっぱいになりました。ファンがいるおかげで、僕たちがここにいると感じました」と話した。

HEECHANは「大切な思い出を作ってくれたファンに感謝します。アメリカツアーを通じて、より成長したDKBの姿をお見せしたいです」と、ファンへの愛情を表した。

今回のツアーで、グローバルな存在感を見せつけたDKBは、今後も多様なコンテンツを発信し、ファンとコミュニケーションを取っていく予定だ。

記者 : Kstyle編集部