(G)I-DLE ミンニ、ドラマ「LINK:ふたりのシンパシー」OSTに参加…魅力的な歌声を披露

Newsen |

写真=MOST CONTENTS、ABYSS COMPANY
(G)I-DLE ミンニが、tvNの月火ドラマ「LINK:ふたりのシンパシー」のOST(挿入歌)の2番目の主人公に選ばれた。

「LINK」のOSTを制作するMOST CONTENTSは「21日午後6時、主要音楽配信サイトを通じて、ミンニが歌った『LINK』の2番目のOST『君の一日を聞きたい』がリリースされる」と明らかにした。

「君の一日を聞きたい」は、ゲフン(ヨ・ジング)とダヒョン(ムン・ガヨン)が一緒に美味しい料理を食べながら細やかな話をした2人だけの美食会で甘い雰囲気を漂わせた楽曲だ。

この曲は「LINK」の音楽監督ナム・ヘスンと多くのヒットドラマで長い間ワンチームとしてタッグを組んできた作曲家のパク・サンヒがコラボした楽曲で、まるで温かいぬくもりと思い出がこもった料理をもてなしてもらったような感動と慰めを込めた。

特に、穏やかで聴きやすいアコースティックギターの旋律に静かに心を包み込むようなミンニの透明で洗練された歌声が加わえられ、温かい慰めと温もりを届ける予定だ。

ミンニが所属しているグループ(G)I-DLEは、3月に1stフルアルバム「I NEVER DIE」でカムバックし、再生回数1億回を達成して、iTunesトップアルバムチャート全世界24の地域で1位を獲得するなど、韓国でのファンダム(特定ファンの集まり)はもちろん、世界的な冷めない人気を証明している。

ミンニは、幻想的ながらも洗練された歌声と(G)I-DLE特有の感覚的な雰囲気で、「QUEENDOM」「覆面歌王」「リムジンサービス」などで圧倒的な実力をアピールしてきた。

彼女が参加した「LINK:ふたりのシンパシー」の2番目のOST「君の一日を聞きたい」は、21日午後6時にリリースされる。

記者 : イ・ミンジ