チョ・スンウ、新ドラマ「神聖なる離婚」で弁護士に変身…韓国で2023年上半期に放送予定

Newsen |

写真=写真=GOODMAN STORY
俳優のチョ・スンウが、JTBC新ドラマ「神聖なる離婚」に出演する。

韓国で2023年上半期に放送予定のJTBC新ドラマ「神聖なる離婚」(脚本:ユ・ヨンア、演出:イ・ジェフン)は、離婚専門弁護士シン・ソンハンの波乱万丈なストーリーを描く作品で、チョ・スンウがキャスティングを確定して期待を高めている。

チョ・スンウは離婚専門弁護士のシン・ソンハン役を務め、“離婚”という人生の険しい道の真ん中に立っている人々に最高の勝訴をプレゼントする有能な弁護士としてイメージチェンジを図る。

特にシン・ソンハンというキャラクターはピアノを専攻してドイツで音大教授をしていたが、ある日衝撃的なニュースに接した後、真実を確認するために弁護士になる人物だ。その中でも離婚訴訟に特化された離婚専門弁護士となった特別な事情があるということで、好奇心を刺激する。

クラシックを取り扱う芸術家からトロット(韓国の演歌)に心酔した、太っ腹な弁護士として第2の人生を生きるシン・ソンハンが、それぞれ数奇な依頼人の事情を解いて、突き止めたい真実にどのように近づいていくのか関心が高まっている。「神聖なる離婚」を通じてもう一度強烈なインパクトを与えるチョ・スンウの熱演にも期待が集まっている。

同作は同名の人気ウェブ漫画を原作に、39歳の3人の友人たちの輝かしい友情を見せた「39歳」の脚本家であるユ・ヨンアが執筆を務める。ウェブ漫画のファンだった人々はもちろん、ドラマを待っているファンの期待も高い。

制作陣は「シン・ソンハンのキャラクターにぴったりのチョ・スンウと共にすることができて心強い。離婚に関する現実的なエピソードと、その中に盛り込まれた主人公シン・ソンハンの真実探しなど、視聴者の方々が一緒に共感して感情移入できる作品になるよう、しっかり準備したい」と伝えた。

記者 : イ・スルギ