イ・ジェウク&OH MY GIRL アリン、新ドラマ「還魂」8人のキャラクターポスターを公開

OSEN |

tvNの新土日ドラマ「還魂」がイ・ジェウクからOH MY GIRLのアリンまで、各キャラクターの立体性を際立たせたテホ国のキャラクタープロフィール8種類を公開した。

韓国で6月18日より放送がスタートするtvNの土日ドラマ「還魂」は、歴史にも地図にも存在しないテホ国を背景に、魂を変える“幻魂術”によって運命がねじれた主人公たちが、これを乗り越え、成長していくファンタジーロマンスドラマだ。

「還魂」は16日、イ・ジェウク(チャン・ウク役)、チョン・ソミン(ムドク役)、NU'EST ミンヒョン(ソユル役)、ユ・ジュンサン(パク・ジン役)、シン・スンホ(コ・ウォン役)、オ・ナラ(キム・ドジュ役)、ユ・インス(パク・ダング役)、アリン(チン・チョヨン役)の8人のテホ国のキャラクタープロフィールを初めて公開し、注目を浴びた。

公開された画像は、まるでスイッチを押したかのように左側にはキャラクターの表に現れる性格を、右側には隠された内面を収め、二面性を表現している。まず、イ・ジェウクはチャン家の上品な坊っちゃんの威厳を誇っているが、別の画像では片方の口角を上げて不良弟子の一面を見せている。チョン・ソミンは純粋そうな笑顔と正反対のクールなカリスマ性を見せ、視線を奪った。血も涙もない天下一の殺し屋の魂が、か弱い召使いの体に入り込むことで、どんなストーリーが繰り広げられるのか、関心が高まっている。

ミンヒョンはソンリムの天才貴公子の優れたビジュアルと、初恋が忘れられない純情な男性の姿で女心を掴む。そんな温かい笑顔だけで、彼が見せる揺るがない純愛に関心が高まっている。真剣な表情のユ・ジュンサンは、雰囲気を圧倒するオーラでソンリムの総帥のカリスマ性を披露する。一方、彼の内面は優しい笑顔からもわかるように温かい人間味溢れる、彼が披露するキャラクターに期待が高まっている。

シン・スンホは、寛大で優しいテホ国の世子(王の跡継ぎ)として、抜群の存在感を披露すると同時に、いたずらな笑みを浮かべている。特に、彼はチョン・ソミンの前だけでは意地悪な姿を見せる予定で、テホ国を治める世子の意外な魅力に関心が高まっている。オ・ナラはまじめな表情が際立つチャン家の実力者のオーラと共に、イ・ジェウクだけを見つめる姿で愛らしい魅力を披露し、彼女が見せてくれる多彩な魅力に期待を高めた。

ユ・インスは、テホ国最大の商団であるパク家の跡継ぎとして存在感を放っているが、茶目っ気あふれる微笑みからは、遊ぶことに興味があるヘクインサ(インサの中のインサ、インサ:インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)な性格が伺える。最後にアリンは、見た目は誰より華やかで堂々としたテホ国のセレブだが、チン家の世間知らずの娘で、チャン・ウクに恋心を抱いており、明るい笑顔と子供のように純粋な姿で人々を微笑ませる。

このようにドラマ「還魂」は、キャラクターの人間味溢れる二面性を盛り込み、ドラマへの関心を高めている。個性の強いキャラクターたちが大勢出演する「還魂」は、6月18日(土)の午後9時10分より、韓国で放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク