「PRODUCE48」出身ホン・イェジ、映画「2037」で女優デビュー!強烈な存在感&演技力に絶賛の声

MYDAILY |

写真=(株)映画社リュック、(株)cinepirun
「PRODUCE48」出身のホン・イェジが、映画「2037」を通じて女優デビューを成功させ、注目を集めている。

彼女は今月8日に韓国で公開された映画「2037」を通じて、女優としての出発を知らせた。同作は、19歳の少女に起きた信じがたい現実、そして再起の希望を与えたい大人たちの物語を描いたヒューマンドラマだ。

ホン・イェジは劇中で、主人公のユニョン役を演じた。19歳のユニョンは聴覚障がいを持っている母のキョンスク(キム・ジヨン)と2人で暮らし、アルバイトをしながら検定試験を準備する人物。予期せぬ事故により、一瞬にして被害者から加害者になって刑務所に入り、ユニョンという名前の代わりに囚人番号「2037番」と呼ばれることになる。ホン・イェジは母親と幸せな未来を夢見ていた平凡な少女が、殺人者に追い込まれた状況を、繊細かつ立体的に描き出した。

今作が女優デビュー作であるにもかかわらず、安定的な演技を見せた彼女に対する人々の関心と反応が熱い。ホン・イェジはキム・ジヨン、キム・ミファ、ファン・ソクジョンなど、ベテラン女優たちの間でも自分の存在感を十分に表わしながら、映画を最初から最後まで引っ張っていく。特に、自然な手話の演技と映画の終盤になるにつれて極限の感情に追い込まれる、決して容易ではないキャラクターを、生き生きと描き出し、観客の没入度を高めた。

彼女の熱演に後押しされ、映画「2037」は数多くの大作の中で観客の口コミ効果により好評が続いている。「ホン・イェジの演技はすごい」「ホン・イェジという女優は初めて観るけれど、演技がとても上手で驚いた」「女優たちとのケミ(ケミストリー、相手との相性)も抜群だ」などの好評と共に、女優としてのデビューを成功させた彼女への関心は今後も続くとみられる。

強烈な存在感と新人とは思えない演技力を披露し、女優として無限の可能性を証明したホン・イェジの今後の活動に期待が高まっている。

記者 : ヤン・ユジン