「クリーニングアップ」チョン・ソミン、退社を悩み始める【ネタバレあり】

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「クリーニングアップ」キャプチャー
集めておいた財産がなく、信用度も良くないチョン・ソミンが貸付不可判定を受けた。

韓国で11日に放送されたJTBC土日ドラマ「クリーニングアップ」の第3話では、盗聴器が発覚し不安に陥ったアン・インギョン(チョン・ソミン)が退社を悩み始めた。

この日、彼女は監査チームが盗聴器について調べると、本格的に自身の安全を心配した。これに対し、アン・インギョンは清掃員の仕事を辞めて貸付を受け、夢だったカフェフードトラックを始めようと創業資金融資について調べてみた。

しかし、訪問した銀行では「本人名義の不動産はなく、信用度は内部等級に及ばない部分が多くて貸付が少し難しそうだ」という返事が返ってきた。銀行を出る彼女の苦々しい表情は切なさを醸し出した。

記者 : ソ・ユナ