李相日監督の最新映画「流浪の月」韓国でも公開決定!各界からの絶賛コメント&場面写真も解禁

Kstyle |

(C) 2022「流浪の月」製作委員会
広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画「流浪(ルビ:るろう)の月」が、全国公開中だ。実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。

10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じる。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

2人の限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた「フラガール」「悪人」「怒り」などの李相日(リ・サンイル)監督。また、「パラサイト 半地下の家族」「バーニング 劇場版」「哭声/コクソン」「母なる証明」など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、「キル・ビル Vol.1」「ヘイトフル・エイト」「フラガール」「悪人」「三度目の殺人」など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。

橋本環奈、八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、弘兼憲史、吉田大八も絶賛! 更紗と文の15年間を繋ぐのは“水”だった。公開されるやいなや、「今年を代表する1本」「原作ファンとして文句のつけようのない完成度!」「俳優陣の圧巻の演技力」「邦画史に残る超絶大傑作!」「150分一瞬たりとも気の抜けない展開に美しく儚く隙のない映像」と、映画レビューサイトやSNS上の熱のこもった感想が話題になっている本作。

既に「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が「私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした」と感嘆の声を上げるなど、各界の著名人からのコメントも続々到着しているなか、あらたな絶賛コメントたちが到着。ドラマ「ネメシス」で広瀬との共演経験もある女優の橋本環奈からは「それでも最後に儚げながらも未来への希望が残る。流浪の先に2人を待ち受けている人生に想いを馳せる」と繊細で詩的な感想が届き、「流浪の月」の原作者である凪良ゆうの人気小説「美しい彼」の実写ドラマで主演を務めた八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)からは「ちょっと言葉では言い表せないです。本当に素敵でした」と感無量の鑑賞報告が届いた。

(C) 2022「流浪の月」製作委員会
さらに「島耕作」シリーズの著者としても有名な漫画家・弘兼憲史が「本当に素晴らしい作品。今年の映画賞は総なめの予感」と日本映画史に爪痕を残すことに期待を寄せ、日本アカデミー賞受賞監督の吉田大八が「画面の隅々から俳優の表情筋に至るまでただならぬ力が 漲みなぎり、観るものに対決を迫る」と本作から立ち上る気迫に賛辞を送るなど、大人世代の心にも深く突き刺さっていることがわかる。

そして、先に開催された全州国際映画祭での評判、また日本国内でのこの盛り上がりを受け、本作の撮影監督であるホン・ギョンピョ(「パラサイト 半地下の家族」「バーニング 劇場版」)の母国・韓国で今秋からの劇場公開が決定した。

そんな快進撃の続いている本作から、水の中にいるような深い青が印象的な未公開場面写真とシーンにまつわるエピソードを新たに解禁! 2020年本屋大賞を受賞した原作「流浪の月」に寄せられた多数の映画化オファーの中から選ばれ、この重責を担った李相日。「原作をただなぞるのではなく李監督の“流浪の月”を作ってほしい」という凪良の激励を受け、李は自身の映画版「流浪の月」のなかで、いくつか原作からの設定の改変を施した。もっとも大きな変更点のひとつは、2ヶ月を一緒に過ごした幼い更紗と大学生の文が“被害女児”と“誘拐犯”として警察に引き離されてしまうシーン。原作では動物園がその舞台となっているが、映画では、とある湖が舞台となった。

李はこの変更について、「2人が引き離される時に目にした風景は、2人が再会するまで15年間も思い続ける景色ですから、とても大事なものでなければなりません。ですから実際映像になった時に、2人を繋ぐ“装置”として、もう一歩何かが必要だと感じました。それが今回は“水”でした」と意図を振り返る。「文がいる場所のそばにはいつも水があり、水の中は2人が安心できる場所というイメージで、物語に水を介在させています」とし、それゆえ再会した更紗と文の“居場所”である川沿いのカフェcalicoの内装も壁がブルーグレー、奥にある格子窓のステンドグラスがブルー、そして電飾にもブルーが配置され、まるで湖の中にいるような優しい青い光が2人を包み込むように設計されている。

この“水”というキーワードは、俳優たちが演じるキャラクターの視覚的なイメージにも活かされた。「例えるなら、更紗と文は水なんです」と李。「そして亮は火、谷は土のイメージです。熱を発する亮の周囲には意識的に赤を配置しています。ソファや壁の絵など。一方、育みたい願望を持つ土の谷の衣装はベージュや茶系で統一しました」と話した。ぜひ、そのような視点でも、本作を劇場のスクリーンでチェックしてほしい。映画「流浪の月」は、日本全国で公開中だ。

■映画情報
「流浪の月」
全国公開中

〈出演〉
広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明

<ストーリー>
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2ヶ月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて……。

原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
監督・脚本:李相日
撮影監督:ホン・ギョンピョ
音楽:原摩利彦
製作総指揮:宇野康秀
製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾)
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ

(C) 2022「流浪の月」製作委員会

■関連リンク
映画「流浪の月」公式HP:https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/

記者 : Kstyle編集部