チャン・ヒョク主演、映画「ザ・キラー:死んでもいい子」予告ポスターを公開…強烈なアクションに期待

MYDAILY |

写真=IHQ
独創的でスタイリッシュなアクションで注目を集めている映画「ザ・キラー:死んでもいい子」が、息つく間もなく押し寄せるストレートアクションを予告した。

同作は、豪華な引退生活を楽しんでいた業界最強のキラー“ウィガン”が、怖いもの知らずで自分に触れたやつらを最後まで追いかけて報復するストレートアクションを描く。

今回公開された予告ポスターは、足の踏み場もなく廊下にぎっしりと倒れている犯罪組織員の間に1人で立っているレジェンドキラー“ウィガン”(チャン・ヒョク)の姿が目を引く。犯罪組織の本拠地を焦土化させた彼の姿は、今作のアクションシーケンスに対する期待を高める。

それだけでなく、すぐにでも敵の命を絶ってしまいそうな“ウィガン”の殺気に満ちた眼差しが見る人々を圧倒する中で、「とんでもない失敗をしてしまった」というフレーズが加わり、彼が見せる慈悲のないストレートアクションに対する好奇心を刺激する。前例のないキラーキャラクターの痛快なアクションを期待させる今作は、7月の劇場街に最強のアクションカタルシスを届けるという。

今作はヨーロッパとアジアの主要国家を含む世界48ヶ国に先行販売され、韓国で公開される前から海外から熱い関心を集めている。今年4月に開かれた「第24回ウーディネ極東映画祭」で完成度の高いアクションに対する絶賛を引き出した今作は、7月に韓国と北米の同時公開を確定し、世界中のファンにK-アクションの真髄を披露する予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン