元SISTAR ヒョリン、7月のカムバックを予告…サマークイーンの帰還

MYDAILY |

写真=Bridge
元SISTARのヒョリンが7月中にカムバックすることを確定した。

本日(3日)、所属事務所のBridgeによると、ヒョリンは7月中にニューアルバムの発売を確定し、カムバック準備の真っ最中だ。

所属事務所は「ヒョリンが7月、元祖サマークイーンというタイトルに合わせて約2年ぶりに夏の音楽界に戻ってくる。『QUEENDOM2』で披露したパフォーマンス以上を準備しているので、多くの関心と応援をお願いする」と明らかにした。

最近、ヒョリンはMnetサバイバル番組「QUEENDOM2」を通じて圧倒的な活躍を繰り広げ、再び全盛期を迎えている。第1次と第2次の競演ともに満点で1位を占め、スタートから強力な優勝候補として浮上した彼女は、他のファンダム(特定ファンの集まり)の牽制にもかかわらず圧倒的な実力と奇抜なアイデアで次元の違うステージを披露し、「QUEENDOM2」を自身のプログラムにした。

この他にも彼女は先月8日に開催された「KCON 2022 Premiere」のステージを皮切りに、22日にはユネスコ大邱(テグ)ミュージックウィーク前夜祭に、続いて26日には富川(プチョン)大学校祝祭に参加するなど、多様な祝祭を通じてファンや大衆との交流にも集中し、活発な活動を続けている。

記者 : パク・ユンジン