THE BOYZ、ロサンゼルス公演を皮切りに初のワールドツアー「THE BOYZ WORLD TOUR:THE B-ZONE」がスタート

@STYLE |

写真=ISTエンターテインメント
THE BOYZのデビュー後初のワールドツアー公演が、米ロサンゼルスを皮切りに華やかなスタートを切った。

THE BOYZは29日、米ロサンゼルスのパサデナ・シヴィック・オーディトリアム(PASADENA CIVIC AUDITORIUM)でデビュー後初のワールドツアー「THE BOYZ WORLD TOUR:THE B-ZONE」公演の幕を開け、アメリカのK-POPファンに会った。ロサンゼルスをはじめとするTHE BOYZの今回のツアーは、6月にシカゴ、ニューアーク、アトランタ、ダラス、サンノゼなどアメリカの主要6都市に続き、さらに多くの観客のもとを訪れる予定だ。

2019年に開催されたヨーロッパツアー以来、約2年5ヶ月ぶりに大々的な海外ツアーをスタートさせたTHE BOYZは、長い間会えなかった世界中のTHE B(ファンの名称)のために約150分間のエネルギーに満ちたステージでファンと特別な交流を続ける。グループを代表するヒット曲である「MAVERICK」から「The Stealer」「CHECKMATE」「THRILL RIDE」など、パワフルなパフォーマンスを披露したTHE BOYZは、メンバーそれぞれの魅力を詰め込んだ多彩なステージで、現地の観客から熱い歓声を浴びた。

今回の公演を通じてデビュー後初のワールドツアーのスタートを切ったTHE BOYZのメンバーたちは、「久しぶりにTHE Bに会って、もっと楽しいステージでした。歓声がイヤモニ越しに聞こえてくるほどです」とし、何度も感謝を伝えた。また「初のワールドツアーの都市であるロサンゼルスで、情熱的に応援してくださったすべての方々に、今日が忘れなれない思い出になってほしい。一緒に楽しむことができるステージになるように努力します」と述べ、今回のワールドツアーを通じてより一層成長する“ステージ職人”THE BOYZの華やかな公演に対する期待を高めた。

THE BOYZは27日、日本での2ndミニアルバム「SHE'S THE BOSS」をリリースし、発売当日にオリコンデイリーアルバムランキング1位を獲得して驚きの成績を達成した。また、同アルバムは、タワーレコードデイリーセールスランキング1位をはじめ、日本のiTunesのK-POPアルバムランキングで1位、ワールドワイドのアルバムランキングでTOP100、LINE MUSICリアルタイムランキング1位まで、日本現地の主要ランキング最上位を獲得する凄まじいパワーで世界中のK-POPファンを魅了している。

THE BOYZのワールドツアー「THE BOYZ WORLD TOUR:THE B-ZONE」は、アメリカの6都市、ヨーロッパ4都市と、7月にジャカルタやバンコクなど、アメリカとヨーロッパ、アジアをつなぐ大々的なツアーを展開していく。また、8月5日から7日までソウル松坡(ソンパ)区KSPO DOMEで韓国公演を開催するTHE BOYZは、その後も日本ツアー「THE BOYZ JAPAN TOUR:THE B-ZONE」を続けていき、世界的な活動を展開していく予定だ。

記者 : パク・スンヒョン