SEVENTEEN、デビュー7周年を記念して意味のある行動…教育を受けられない子供たちのために寄付

Newsen |

写真=ユネスコ韓国委員会
SEVENTEENがデビュー7周年を記念して、意味深い善行を行った。

ユネスコ韓国委員会は5月26日、SEVENTEENがデビュー7周年を記念して、世界中の子供たちと青少年のために寄付したと明かした。

27日にカムバックを控えているSEVENTEENは、デビュー7周年をより一層意味のあるものにして、韓国国内外のファンが送ってくれた特別な愛に応えるため、全世界で教育を受けられない子供たちへ寄付をした。

SEVENTEENの寄付金は、アフリカとアジア地域の子供・青少年をはじめ、疎外された階層が教育を受けられるように支援する「ユネスコ韓国委員会地球村教育分かち合い事業」に使われる。SEVENTEENは、これまで子供たちや青少年を支援するための寄付を継続して行っており、今回は特に教育環境改善のために寄付した。

ユネスコ韓国委員会のハン・ギョンク事務総長は、「全世界の文字が書けない、読めない成人、子供、青少年の人口が10億に迫る状況で、教育の実践のために支援を惜しまないSEVENTEENと、所属事務所の関係者に感謝を伝えたい。今回の基金は、新型コロナウイルスの影響による学習の断絶を解決し、低い識字率によって苦しむ世界の人々に、最も必要な教育を提供するため大切に使いたい」と伝えた。

SEVENTEENは「僕たちの誕生日も同然の5月26日を迎えて、意味のあることに参加できて、大きな喜びを感じる。過去7年間、僕たちがもらった愛にお返しするため、教育を受けられない階層をはじめ、誰も疎外されない世の中を作ることに貢献したいと思った」と温かい心を伝えた。

・SEVENTEEN、全員再契約を決めるまで9ヶ月…裏話を公開「ミンギュが一番の立役者」(動画あり)

・SEVENTEEN、タイトル曲「HOT」MV予告映像第2弾を公開…パワフルなサウンド

記者 : イ・ミンジ