GOT7、タイトル曲「NANANA」MVを公開…グループ特有の明るい魅力が詰め込まれた楽曲

Newsen |

写真=Warner Music Korea
GOT7が完全体でカムバックして、I GOT7(GOT7のファン)への愛情を証明した。

GOT7は5月23日、韓国国内外の音楽配信サイトを通じてニューミニアルバム「GOT7」を発売した。

今回のアルバムは、GOT7が昨年2月に公開したシングル「Encore」以来1年3ヶ月ぶりに披露する新曲だ。CDの発売は、2020年11月30日に公開した4thフルアルバム「Breath of Love: Last Piece」以来1年6ヶ月ぶりだ。彼らは自分たちがどのような存在なのか忘れないために、短くない期間、自分たちを待ってくれた音楽ファンのために今回のアルバムに真心を込めた。

アルバムには全6曲が収録された。リーダーのJAY Bが作詞作曲した「NANANA」をはじめ、JAY Bの自作曲「TRUTH」、ヨンジェが作詞・作曲した「Drive Me To The Moon」、ユギョムの自作曲「TWO」、ジニョンとユギョムが一緒に手掛けた「Don't Care About Me」、JAY Bの自作曲「Don't Leave Me Alone」まで、多彩な楽曲が収録され、GOT7の幅広い音楽スペクトラムをもう一度実感させた。

タイトル曲に選ばれた「NANANA」は、GOT7特有の明るい魅力が詰め込まれた楽曲で、ポップなサウンドとギターリフが印象的だ。JAY Bは「今日、君の隣 ナナナ / 君を笑わせる人 ナナナ / 気分がいい ナナナ / すべてが知りたい」などの歌詞を通じて、GOT7の新しい音楽とパフォーマンスを待ってくれたファンに笑いを届けたいという気持ちを表現した。

JAY Bは、カムバックを記念して行った記者懇談会で「僕たちの歌とパフォーマンスが、ファンの方々にヒーリングになれば嬉しいと思いながら作った楽曲だ」とし、「GOT7のためのアルバムでもあるけれど、ファンの方々のためのプレゼントでもある。アルバム名を『I GOT7』に変えてもいいほど、ファンの方々のためのアルバムだと思う」と話した。メンバーたちも、GOT7がステージの上で最も輝いた楽曲がJAY Bの自作曲だったと口を揃え、「GOT7の色を最もよく見せることができる楽曲だ」と自信を表した。

収録曲も魅力的だ。1番トラックのポップベースのトラック「TRUTH」は、お互いの気持ちを知っていく恋愛の段階を、甘くて愉快に表現した楽曲であり、叙情的なサウンドが際立つ「Drive Me To The Moon」は、ファンと一緒なら何でもできそうだというGOT7の抱負を表した楽曲だ。

「TWO」は、強烈なスネアとベースサウンドが調和した楽曲。歌詞には、忘れられない相手を何とか忘れようとする切ない気持ちが収められている。「Don't Care About Me」には、GOT7が共に歩んできた道に対するメンバーたちの信頼と確信が盛り込まれている。GOT7は、この曲を通じてファンと一緒なら、どんな道であっても歩んでいけるという真心を表す。最後にポップR&Bトラック「Don't Leave Me Alone」を通じては、しばらく各自の活動に戻っても、GOT7を忘れないでほしいという気持ちを伝えた。

GOT7は、2014年1月に1stミニアルバム「Got it?」でデビューした。過去7年間、「Girls Girls Girls」「A」「Stop stop it」「Just right」「if You Do」「Fly」「Hard Carry」「Never Ever」「You Are」「Look」「Lullaby」「You Calling My Name」などで韓国国内外の音楽配信チャートの1位を席巻した。

いわゆる“7年ジンクス”も見事に破った。ほとんどのアイドルグループは、公正取引委員会が提供した標準契約書に従って、所属事務所と7年間の専属契約を締結する。再契約の時点でグループ解散となったり、一部のメンバーが脱退する場合が少なくない。GOT7は昨年1月、所属事務所だったJYPエンターテインメントとの専属契約が満了し、それぞれ違う事務所に移籍したにもかかわらず、専属契約満了当時にファンたちと約束した完全体でのカムバックの約束を守った。

これはメンバー同士の固い義理と深いファンへの愛情、厚い人気があってこそ可能な異例のことだ。JYPエンターテインメントのチョン・ウク代表とパク・ジニョン代表プロデューサーも、GOT7の第2幕を応援して、快く商標権を譲渡した。

GOT7は、今回のアルバムを機に始まった第2幕について、「今までの7年は、これから過ぎていく時間のルーツだと思う。7年間、メンバーたちが共にしてきたので、さらにそれを伸ばしていけばいいと思う。これからも当然GOT7として良い音楽を作るし、アルバムを出すつもりだ。いつになるかについては、ここで申し上げることはできないけれど、GOT7は引き続きグループ活動も続けていくので、これからも楽しみにしてほしい」と明らかにした。

記者 : ファン・ヘジン