イ・ジョンジェ&チョン・ウソン出演、映画「Hunt」予告編を公開…激しいアクションシーンも

TVREPORT |

写真=(株)アーティストスタジオ/(株)サナイピクチャース
「第75回カンヌ国際映画祭」のミッドナイトスクリーニング部門の招待を通じて公開された後、韓国国内外のマスコミから好評を得ている映画「Hunt」が予告編を公開し、観客たちから熱い反応を得ている。

「Hunt」は組織内に隠れたスパイを探し出すため、お互いを疑う国家安全企画部(安企部)の要員パク・ピョンホ(イ・ジョンジェ)とキム・ジョンド(チョン・ウソン)が、“大韓民国第1号暗殺作戦”という巨大な事件と直面することから繰り広げられるスパイアクション映画だ。

イ・ジョンジェとチョン・ウソンが映画「太陽はない」以来、23年ぶりに共演した話題作でもある。さらにチョン・ヘジン、ホ・ソンテ、コ・ユンジョン、キム・ジョンス、チョン・マンシクなど、実力派俳優たちの華やかなキャスティングで、期待を高めている。

公開された予告編は狙撃兵の登場を知らせる国家安全企画部の要員パク・ピョンホ(イ・ジョンジェ)の声で一気に注目を集める。

一触即発の現場に駆けつけたパク・ピョンホと容疑者を射殺してしまったもう一人の国家安全企画部の要員キム・ジョンド(チョン・ウソン)が対峙し、緊張感を醸し出す。「大韓民国第1号暗殺作戦」という巨大な事件に直面した二人は“トンリム”という組織内に隠れているスパイを追い始める。そんな二人の姿は「組織内のスパイを探しだせ。探し出せなければターゲットになる」というキャッチコピーと調和し、好奇心を刺激する。

疑いと警戒の中でスパイを探し出す作戦に参加した二人、「僕は君が絶対にトンリムだと思う」というキム・ジョンドと、「君は絶対にここから生きたまま出られない」というパク・ピョンホの激しい対立は彼らのストーリーに対する好奇心を高めると同時に、果たして彼らが接近する真実とは何なのか、注目を集める。

お互いを捜査線上にあげて対立する2人の緊張感はイ・ジョンジェ、チョン・ウソンが作り上げたケミストリーとともに視線を釘付けにする。スパイを追跡する過程で披露する強烈なアクションシーンは一瞬も目が離せない没入感を与え、ウェルメイドスパイアクション映画の誕生を予告する。

予告編を公開し、熱い反応を得ている映画「Hunt」は韓国で今年の夏に公開される。

記者 : パク・ソリ