キ・テヨン、新ドラマ「トロリー」に出演決定…リュ・ヒョンギョンと夫婦役で共演

Newsen |

写真=INN Company
俳優のキ・テヨンが、新ドラマ「トロリー」に出演する。

本日(16日)、所属事務所のINN Companyは「キ・テヨンがSBS新ドラマ『トロリー』(脚本:リュ・ボリ、演出:キム・ムンギョ)に出演する」と明らかにした。

同作で、キ・テヨンはチェ・ギヨン役を務めて、リュ・ヒョンギョンと夫婦として共演する予定だ。

「トロリー」は、過去を隠して静かに生きていた国会議員の妻、彼女の秘密が世間に知られ、夫婦が直面するジレンマと選択に対する物語を描くミステリージレンマ恋愛ドラマだ。国会議員のジュンド役は俳優のパク・ヒスンが務め、妻のヘジュ役はキム・ヒョンジュが演じる。また、キ・テヨンとリュ・ヒョンギョンの他にもキム・ムヨル、キム・セロンらが出演を決定した。

キ・テヨンは今回、2019年に韓国で放送されたKBS 2TV週末ドラマ「世界で一番可愛い私の娘」以来、約3年ぶりのドラマ復帰となる。

INN Companyの関係者は「キ・テヨンは今年、今回の『トロリー』を皮切りに本業である俳優として活発な活動を繰り広げる予定だ」と伝えた。

「ブラームスが好きですか?」の脚本家であるリュ・ボリと「ホン・チョンギ」の共同演出を担当したキム・ムンギョ監督が演出する「トロリー」は、韓国で今年下半期に放送される予定だ。

記者 : パク・アルム