イ・ジュヨン&ク・ギョファン出演、映画「なまず」予告映像&場面写真を解禁!

Kstyle |

(C) 2018 2x19HD. All rights reserved
「第23回釜山(プサン)国際映画」にて4部門受賞、「第44回ソウル独立映画祭」観客賞受賞、「第14回大阪アジアン映画祭」グランプリをはじめ、「第48回ロッテルダム国際映画祭」「第37回ミュンヘン国際映画祭」「第18回ニューヨークアジア映画祭」「第21回台北映画祭」など、海外の映画祭でも新しい才能として注目を浴びた韓国映画「なまず」が、7月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定した。

本作は、信頼と不信という普遍的なテーマを軸に、主人公ユニョンの半径0.5メートルで起こるハプニング、恋愛、決断といった、いくつかのエピソードがテンポ良く繋がり合い、心にぐっと刺さるセリフとカラフルで遊び心いっぱいの映像で紡がれる、近距離恋愛群像劇だ。

監督は、いくつかの短編作品を発表し、独自のユーモアとセンス溢れる作風で、インディーズ映画界のニューウェーブとして以前から韓国で注目されていたイ・オクソプ。本作は、彼女の長編監督デビュー作であり、日本でも大ヒットした「はちどり」(18)と並び、韓国内でファングループが誕生するほど多くの共感を呼び、異例のロングランヒットを記録した話題作だ。

この度完成した予告編は、主人公ユニョン(イ・ジュヨン)が務める病院がまず映し出され「病院内で犯人捜しがはじまった」と話す声(チョン・ウヒ)とテロップで始まる。なんとこの病院で男女の恥ずかしい18禁レントゲン写真の盗撮事件が起きたのだ。ユニョンと同棲中の恋人ソンウォン(ク・ギョファン)が、そこに写っている男女を自分たちだと勘違いしたことから物語は展開する。本編では、信じたい看護師、信じたくない副院長、信じられない彼氏の3人を中心に、それぞれのエピソードが重なっていく作りとなっている。

予告編で断片的に映し出される“謎のシンクホール” “地球を救うなまず”といったエピソードは、本編でどのように描かれるのか……。印象に残る軽快な音楽とカラフルで遊び心ある映像の数々も、鑑賞者の期待を高める予告編となっている。

配信ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」や、日本で6月に公開予定の「ベイビー・ブローカー」(是枝裕和監督)でも、主要キャストとして名を連ねている人気俳優のイ・ジュヨン、配信ドラマ「D.P. -脱走兵追跡官-」や、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」(20)、7月1日公開の映画「モガディシュ 脱出までの14日間」にも出演し、本作「なまず」では出演のほかプロデューサー、脚本、編集まで務めている今年ブレイク必至の俳優ク・ギョファン。ユニョンが務める病院の副院長には、主演を務めた「オアシス」(02)での演技が高い評価を受け、その後も数々の映画で活躍、主演作「三姉妹」の日本公開を6月17日に控えるベテラン女優のムン・ソリ。偶然にも出演作が立て続けに公開となる今最も旬な俳優たちが顔を揃えている本作。さらに人気女優のチョン・ウヒが、なまずの声を務めている点にも注目だ。

韓国ほか世界の映画祭でも話題となった映画「なまず」は、7月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開される。



■公開情報
映画「なまず」
7月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

【キャスト】
イ・ジュヨン「梨泰院クラス」
ク・ギョファン「新感染半島 ファイナル・ステージ」
ムン・ソリ「オアシス」

【スタッフ】
監督:イ・オクソプ
2018年 / 韓国 / 89分 / シネスコ / 5.1ch /
原題:메기 / 翻訳:李芝賢 / 字幕制作:ワイズ・インフィニティ
協力:大阪アジアン映画祭 / 提供:JAIHO、Hulu/配給:JAIHO
(C) 2018 2x19HD. All rights reserved

<あらすじ>
ある日、看護師のユニョン(イ・ジュヨン)は自分と恋人ソンウォン(ク・ギョファン)の恥ずかしい姿を隠し撮りされたレントゲン写真が流出したと誤解。イ副院長(ムン・ソリ)は写真の主をユニョンと決めつけ、自宅待機を命じる。その頃、都心に巨大な穴(シンクホール)が出現する怪現象が発生。無職のソンウォンは埋め戻し工事の職にありつけたが、仕事中に大切な指輪を無くしてしまう。ソンウォンは同僚を疑い、ユニョンは見え透いた嘘をつくソンウォンを疑う。病院に置いてある水槽では、なまず(声:チョン・ウヒ)がそんなゴタゴタを見つめていた……。

■関連リンク
「なまず」公式サイト:https://namazu-movie.com/

記者 : Kstyle編集部