iKON、タイトル曲「君という理由」レコーディング室のビハインド映像を公開

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
iKONが新しいアルバムのタイトル曲「君という理由(BUT YOU)」のレコーディング室のビハインド映像を公開し、世界中のファンを喜ばせた。

圧倒的な美声を聞かせてきたドンヒョクがスタートを切った。彼のセクシーで幻想的な歌声は曲の導入部を飾ったシンセサウンドと完璧に調和し、リスナーを魅了した。

バトンを受け継いだジナンはしっかりとした歌唱力を誇り、メインボーカルとして曲の中心をつかんだ。楽しくハイテンションになりがちな雰囲気は彼の優れた強弱の調整と和音で安定感を維持し、BOBBYはパワフルなラップでダイナミックな雰囲気を与えた。

ハスキーな中低音を誇るジュネ、リズミカルなボーカルを聞かせたチャヌ、甘い声のユニョンもそれぞれ幅広い音域帯で自身たちのパートを見事にこなし、豊かな感性を伝えた。それぞれ個性の強いメンバーたちだが、幻想的な調和でタイトル曲「君という理由(BUT YOU)」が完成した。

iKONの声とその中に込められた魅力を最もよく知っているメンバーたちであるだけに、お互いへの繊細なディレクティングも際立った。iKONが初めて試みたシンセウェーブジャンルの楽曲であるにもかかわらず、違和感なく、ファンから好評を得た原動力は、まさに彼らの音楽への情熱と真心のこもった態度があったためだ。

同曲はLINE MUSIC、楽天ミュージック、AWA、Bugs!、NAVER、VIBEなど、韓国と日本の主要音楽ランキングで上位にランクインし、全世界で人気を博している。4thミニアルバム「FLASHBACK」は今月3日に発売され、iTunesのワールドワイドアルバムランキングで1位になった。

記者 : チ・ミンギョン