「殺人者の買い物リスト」イ・グァンス、新たな殺人事件に鉢合わせる【ネタバレあり】

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「殺人者の買い物リスト」放送画面キャプチャー
イ・グァンスが新たな殺人事件と鉢合わせた。

韓国で11日に放送されたtvN「殺人者の買い物リスト」では、連続殺人犯の被害者になった婦女会長(ムン・ヒギョン)と彼女を発見できずに通り過ぎるアン・デソン(イ・グァンス)の姿が描かれた。

これに先立ち、アン・デソンはソ・ユル(アン・セビン)を最初の事件の目撃者として確信し、探し歩いたが、行方不明だった状況。

当時、ソ・ユルはオ・チョンウォン(チャン・ウォニョン)と対立しており、幸い婦女会長によって救出された。婦女会長は町の人たちが集まった場で「こんな犯罪者がこの町に暮らすのが正しいことですか? 子どもにまで手を出すのに」と声を高めた。

話を聞いて駆け付けたソ・ユルの父のソ・チョンギュ(リュ・ヨンソク)はオ・チョンウォンの胸ぐらを掴みながらも、ソ・ユルに「マートに1人で行かないで。マートのおじさんと2人きりにならないで、何かくれても受け取ったりするな。大人の男たちが親切に振舞うときは必ず気を付けるんだ。おじさんから何か聞いたりしたら、必ずパパに話して」とお願いした。

「ママはいつ来るの?」というソ・ユルの言葉には「パパの言うことをちゃんと聞けば来るよ」と一蹴した。

また、この日ヤチェ(野菜、オ・ヘウォン)の家に通り魔が凶器を持って入ろうとした中、ド・アヒ(AOA ソリョン)とキム・ドゥヒョン(イ・ユニ)が出動した。この場でド・アヒはすぐに夫に連絡すべきだと強調したが、ヤチェは事業でフィリピンに夫がいるため、戸惑った。

そんな中、アン・デソンがセンソン(魚、パク・チビン)との食事の場を設けると、ド・アヒは「私、気になることが1つあるんだけど」と切り出した。これにセンソンは彼女が“前科”問題を云々すると予想したが、ド・アヒが聞こうとしたのはメイクのノウハウだった。

それでもセンソンは「前科の話はしようと思っていた。そもそも僕を疑ったのはその理由だっただろうから」と慎重に話した。

続けて「3回すべてうちだった。オートバイは配達のオートバイで、残り2回は家にあった現金と母の指輪。親には言わないつもりだったが、手術を受ければ結局わかるだろうから、カミングアウトしたんだ。そしたら祈祷院に閉じ込めて、家に閉じ込めて、精神病院に連れていこうとして。それで3回家出したんだ」と前科を持つことになった理由を伝えた。

その時間、真犯人の家を訪れた婦女会長は殺害の危機に置かれた。グルーガンを突き付ける犯人に婦女会長は「誰にも言わない。助けて!」と訴えた。

ドラマの終盤には亡くなった婦女会長と彼女に気づかず通り過ぎるアン・デソンの姿が描かれ、今後の展開に対する関心を高めた。

記者 : イ・ヘミ