EXO ディオ、演じたキャラクターの中で一番好きなのは?グルメな一面も公開(動画あり)

OSEN |

写真=「潜跡」
“潜跡”することを決心し、南海(ナムへ)へ向かったEXOのディオの「潜伏VIEW」インタビュー映像が公開された。

Discoveryチャンネル・コリアとENA、seeznが「潜跡-ディオ編」の初放送を翌日に控え、ディオの本音を込めたインタビュー映像を公開した。除隊した後も休まず走ってきた彼は爽やかな春を迎え、“潜跡”を選んだ。

ディオは「セ島が僕が潜跡したんだと思うようになった最初の場所だった。誰もいない空間で思索にふけることができた」とし、潜跡中に一番良かった瞬間としてセ島に着いた瞬間を挙げた。

演技した作品の中で一番気に入ったキャラクターについては、映画「スウィング・キッズ」のロ・ギスを選んだ。彼は「北朝鮮の方言とやったことのないジャンルのダンスに挑戦するのが面白かった」とし、また「キャラクターをあらかじめ決めておくことはない。やってみたいなら挑戦してみる」と情熱を表わし、絶えず努力して挑戦する次の活動への関心を高めた。

グルメな一面も公開された。生まれ変わったらどんな職業が持ちたいかという質問にも躊躇なく「シェフ」と答え、番組で見つけた南海のグルメ店を自信を持って紹介した。

また「『潜伏』を撮影しながらド・ギョンス(ディオの本名)という人を多く表現したと思う。『潜伏』で確認してほしい」と伝えた。俳優や歌手のディオではなく、“人間”ド・ギョンスの物語が予告され、視聴者から関心が高まっている。

続けて「ぜひ勇気を出して一度は潜伏してみてほしい。機会がない方々は『潜伏(番組)』を通じて素敵な絵と美しい風景をご覧になり、少しでも心が癒されてほしい」と勇気を与えた。

韓国で今月12日に放送がスタートする「潜跡-ディオ編」は、Discoveryチャンネル・コリアとENAで同時に放送される。

記者 : パク・ソヨン