放送終了「XX+XY」思わぬ事態に…アン・ヒョンホの選択は?【ネタバレあり】

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「XX+XY」キャプチャー
「XX+XY」が深い余韻を残して終了した。

韓国で5月10日に放送されたtvNドラマプロジェクトO'PENingの2作目の「XX+XY」(脚本:ホン・ソンヨン、演出:イ・ソユン)最終話では、男でもあり女でもあるチョン・ジェイ(アン・ヒョンホ)が、“ありのままのチョン・ジェイ”としての人生を生きながら、私たちに質問を投げかける。

放送直後、自分たちとは異なるという理由で傷つく、ある境界で選択を強要される人々を暖かく包み込むストーリーに好評が寄せられた。

tvNドラマプロジェクトO'PENingは、CJ ENMの新人創作者の発掘、育成、支援事業であるO'PENのストーリーテラー公募展の当選作を紹介する新しい名前だ。新しい物語が繰り広げられるという意味にふさわしく、「XX+XY」はユニークな題材で注目を集めた。題材と形式を脱皮して多様化を図った「XX+XY」は、楽しさと共に意味ある作品だったという評価を得た。

区分することなく“ありのままで”お互いを受け入れた3人の友人チョン・ジェイ、パン・ウラム(チェ・ウソン)、イ・セラ(キム・ジイン)の成長物語が感動を与えた。

これまで女性チョン・ジェイ、男性チョン・ジェイに分けて考えてみたことがなかったジェイ。セラはそんなジェイに「誰を愛するようになるかが重要な問題だと思う」とし、一緒に経験してみようと手を差し出した。しかし、2人は“試し”ではなく、自分自身をもっと理解して調べることを選択した。「今自分が誰なのか分からない状況でこうするのは、あなたにも私にも申し訳ない」というジェイの真心に、セラは笑顔で答えた。

一方、ウラムは悩んだ末にジェイに告白した。ジェイは、自分が性別が2つであると言えないまま「後であなたが私のことをもっと分かったら、その時に後悔するかもしれない」として、ウラムの気持ちを受け入れなかった。しかし、ウラムはすでにジェイのありのままを見ていた。「後悔しない。ただ僕は今の君が好きなんだ。後で君のことがもっと分かっても、今僕が目で見ているのは君だ。そしておそらく、その時も君だと思う」というウラムの率直な気持ちが感動を与えた。

ジェイとウラム、そしてセラは、危機の中で成長した。インターネット配信者ファマが、ジェイの正体を暴露して学校は大騒ぎとなり、ジェイは友人たちの偏見混じりの視線に傷ついた。

そんなジェイを再び笑わせたのは、自分をありのままで見て理解してくれるセラとウラムだった。セラは区分を強要する世界と、その強要に従う人々を厳しく指摘した。ジェイの秘密を知ったウラムも「ジェイであることに変わりない」とかばった。そのおかげでジェイも勇気を出した。友人たちの名前を読み上げながら涙を見せるジェイ。繊細で思いやりのあるジェイの友情が深い感動を与えた。そしてそのようなジェイの姿を通じて、友人たちの態度も変わった。「君が男であれ女であれ構わない。君はただ僕にとって本当にありがたい人だ」とジェイを受け入れた。

そうしてジェイは、女性のチョン・ジェイ、男性のチョン・ジェイではなく、“チョン・ジェイ”として生きていった。「選択の時代、私たちは多くの選択を迫られる。どんな選択をしても、人に何と言われても、絶対に忘れてはならないことは、君は君で十分だということ。いつかは選択するだろうけど、だとしても絶対に変わらないことの1つ、私はチョン・ジェイだ」という最後のナレーションは、選択を強要されて偏見の中で生きる全て人々を慰めて、深い余韻を与えた。

ここにジェイの正体を暴露したインターネット配信者のファマの驚きの正体、そして彼が他のターゲットを狙うエンドは、世の中に存在する多くのファマたちに質問を投げかけた。

記者 : パク・アルム