K-POPアーティストで初!AleXa、アメリカの大規模オーディションで優勝「奇跡のよう」

TVREPORT |

写真=NBC「アメリカン・ソング・コンテスト」
AleXaがK-POPの新たな歴史を築いた。アメリカ全州で開催された人気オーディションで総合優勝に輝いたのだ。

彼女は10日(韓国基準)に放送された米NBCオーディション番組「アメリカン・ソング・コンテスト(American Song Contest)」で、そうそうたるアーティストを抑えて唯一700点台を記録、出場した10組のアーティストの中で圧倒的な点数の差で優勝した。

この日、「アメリカン・ソング・コンテスト」は、アメリカ全州で行われた最後の視聴者投票の結果を順次公開した。オクラホマ州代表として出場したAleXaをはじめ、ワシントン代表のアレン・ストーン、コネチカット代表のマイケル・ボールトン、コロラド代表のリッキ・リンチ、アラバマ代表のNI/COなど、合計10組が決勝に進出した中、すべてのアーティストがスタジオに集まり、一緒に結果を見守った。

MCのケリー・クラクソンとSnoop Doggが各州の投票結果を順に発表し、アーティストはそれぞれの席で息を飲みながら結果を待った。やがて、最終合算結果を発表するケリー・クラクソンの口から「AleXa!」を発表され、最終優勝者が公表された。

自分の名前が挙がると、AleXaは顔を両手で覆い、感動の涙を流した。ステージに上がり、優勝トロフィーを手にした彼女は感動を隠せず、涙の祝賀ステージで人々に大きな感動を届けた。

優勝直後、AleXaは所属事務所のZB Labelを通じて「本当に期待すらしていなかったので、本当に感謝しています。これまで応援してくださったたくさんの方々のおかげで最後までステージに立つことが出来ました。私にとって奇跡のようなプレゼントをいただき、心から感謝しています」と感想を伝えた。

在米韓国人のAleXaは、2019年「Bomb」を発表し、デビューしたK-POPアーティストだ。Mnet「PRODUCE 48」に出演した後、同番組出演者の中で最も早くソロ歌手としてデビューした。優れたパフォーマンスと歌の実力を兼ね備え、オールラウンダーアーティストとして活躍している彼女は、韓国国内外で活動の幅を広げている。

AleXaが優勝した「アメリカン・ソング・コンテスト」は、アメリカの50の州とワシントンDC、5つの海外領土を代表する56人のアーティストがアメリカで最高のヒット曲を手に入れるために争いを繰り広げる最大規模のオーディション番組だ。MCのケリー・クラクソンとSnoop Dogg、そして世界的なポップスターが大勢出演し、原作番組である「ユーロミジョン・ソング・コンテスト」のヨーロッパファンからも熱い人気を集めた。

・AleXa、米NBC「American Song Contest」準決勝に参加するためアメリカへ出国…現地での活躍にも期待

・AleXa、米NBC「American Song Contest」に参加…競演曲の予告映像を公開

記者 : パク・ソリ