ソ・ジソブ、新ドラマ「ドクター・ロイヤー」スチールカットを公開…クールな弁護士に

MYDAILY |

写真=CELLTRIONエンターテインメント、夢作所
ソ・ジソブが医師、そして弁護士になって帰ってくる。

MBCの新金土ドラマ「ドクター・ロイヤー」側は、作品の放送日が6月3日午後9時50分に変更になったことを伝えながら、新たなスチールカットを公開した。

同作は仕組まれた手術によりすべてを奪われ、弁護士になった天才外科医と医療犯罪専門検事のメディカルサスペンスドラマだ。医学と法廷の出会いを通じて強力な没入度と緊張感を与えるものと期待を集めている。

ドラマのタイトルは「ドクター・ロイヤー」で、作品を率いるソ・ジソブはダブルボード(二つの専門医の資格を保有していること)である天才外科医と弁護士の2つの役を演じる。これに先立ち、制作陣は人間味と冷徹さを全て見せる医師ソ・ジソブの姿を公開し、大きな話題を集めた。

写真=CELLTRIONエンターテインメント、夢作所
本日(10日)、弁護士に変身したソ・ジソブの姿が公開され、注目を集めている。写真の中の彼は、抜群のブラックスーツ姿で法廷に立っている。胸には輝くバッジをつけており、彼が弁護士としてこの法廷に出席したことが分かる。弁論を続けていくソ・ジソブの鋭い眼差しと断固とした表情が印象的だ。

何よりもソ・ジソブの変身が関心を集めている。先立って公開された医師に変身したスチールカットとはまた異なるカリスマ性が感じられる。さらに、天才外科医である彼がなぜ弁護士になったのか、彼が法廷に立った理由とは何なのか、この波乱万丈なストーリーがどのように描かれるのか、期待を高めている。

これと関連して制作陣は「ソ・ジソブは劇中で、医師と弁護士の2人の専門的なキャラクターを演じる。そのために彼は一生懸命にキャラクターを分析し、各シーンごとに熱い情熱を注ぎ込んだ。劇中で医師の時のソ・ジソブと、弁護士の時のソ・ジソブがどのように異なるのか、彼がどのように異なる演技を披露したのか、注目して見守って頂きたい。たくさんの関心と期待をお願いする」と伝えた。

今季、韓国で最も注目を集めているMBCの新金土ドラマ「ドクター・ロイヤー」は、6月3日の午後9時50分より放送がスタートする。

写真=CELLTRIONエンターテインメント、夢作所

記者 : ヤン・ユジン