「豚の王」キム・ソンギュ、重たい作品で演技に対する悩みも?“視聴者がどのように考え理解してもらえるか…”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=サラムエンターテインメント
俳優のキム・ソンギュが、TVINGオリジナルシリーズ「豚の王」に関するインタビューに応じた。

彼は所属事務所のサラムエンターテインメントを通じて「この作品を一緒に作ってくれたすべての方々に感謝を言いたいです。ストーリー、人物の感情、特に幼い頃の出来事が余韻として残っています。意味のある作品に参加することができて感謝しています」と感想を語った。

続いて、特定のジャンルを扱う作品での演技に気を使う点は「そのジャンルの特性上、劇的な状況をたくさん演じるので、観ていただく方々の集中の邪魔にならないように、未熟ながらに人物の感情を理解して演じるために努力しています」とし「チョン・ジョンソクを演じながら、ジョンソクという幼い人がしてはならない選択をした理由と、成人になった今の選択を受け入れてもらえるかどうかを、視聴者が理解して考えていただく必要がある、という悩みが大きかったです。そのような部分を表現するのは容易ではありませんでした」と明らかにした。

また、撮影現場の雰囲気を問う質問には「スタッフ全員が情熱を持って明るい雰囲気で撮影しました。この作品は重くて大変なストーリーですが、チェ・ジョンアン先輩は愉快で気楽に現場の雰囲気を作ってくださいました。キム・ドンウク先輩は、共演するシーンが大変で不安なシーンが多かったですが、すごく助けになりました」とし「いつも撮影をしながらたくさんの協力をいただきますが、特に今回の作品はすべての俳優やスタッフたちに支えられた作品でした」と、感謝の気持ちを表現した。

キム・ソンギュは「豚の王」で、20年ぶりに現れた連続殺人犯の友達ファン・ギョンミン(キム・ドンウク)を追う刑事チョン・ジョンソク役を務めて、安定した演技で強烈なインパクトを与えた。特に劇中でトラウマに悩まされ、殺人事件に深く関わっていたどんでん返しを繊細に描き、「豚の王」をウェルメイドストーリーに仕上げた。映画「犯罪都市」「悪人伝」「キングダム」「ある日~真実のベール」に続いて「豚の王」まで、しっかりしたジャンルのフィルモグラフィーを築いた。彼は7月に韓国で封切り予定の映画「閑山:龍の出現」でまた新たな魅力を披露すると期待されている。

――「豚の王」の撮影が終了した感想を聞かせてください。

キム・ソンギュ:この作品を一緒に作ったすべての方々に感謝を言いたいです。ストーリー、人物の感情、特に幼い頃の出来事が余韻として残っています。意味のある作品に参加することができて感謝しています。

――「豚の王」は校内暴力を題材にしていて、キム・ソンギュさんが務めた役もかつていじめの被害者でしたが、演じるにあたって難しかった点や気を使った部分は何ですか?

キム・ソンギュ:ジョンソクという幼い人がしてはならない選択をした理由と、成人になった今の選択を受け入れてもらえるかどうか、視聴者が理解して考えていただく必要がある、という悩みが大きかったです。そのような部分を表現するのは容易ではありませんでした。中2以降、20年という時間を後悔と涙ではなく、歯を食いしばって耐えるチョン・ジョンソクだったらいいなと思いました。中2以降の友人たちも自分自身すらも消そうとしたんじゃないでしょうか。

――最も記憶に残る場面や印象深いセリフは何ですか?

キム・ソンギュ:セリフの中では「豚である僕たちが、犬に勝てる方法はそれしかない」です。記憶に残るシーンはチョル(チェ・ヒョンジン)とギョンミン、ジョンソクが、廃家でソファーに座って、事件を起こす前に写真を撮った場面です。幼い子供たちがあのような言葉と行動を取るのが、あまりにも子供っぽくて残念で余韻が長かったです。

――現場の雰囲気や共演俳優たちとの雰囲気はいかがでしたか?

キム・ソンギュ:現場の雰囲気はとても良かったです。キム・デジン監督、キム・サンウ監督、スタッフ全員が情熱を持って明るい雰囲気で撮影しました。僕は広域捜査隊のエースとして出演するので、仲間たちが僕に従って信じてくれなければならないんですが、共演した広域捜査隊のイ・テゴム、アン・ドゥホ、ジチャン、パク・ジンさんが、撮影中も普段も僕を信じてくれて支えてくれたからこそ、僕がエースのように見えることができたと思います。演技も上手で優しい方々と共演できて嬉しかったです。

カン・ジナ先輩役のチェ・ジョンアン先輩は、僕たちの作品が重くて大変な話でも、愉快で気楽に現場の雰囲気を作ってくれました。作品に対する愛情や悩みも一緒に分かち合って信頼してくれた、ありがたい先輩です。キム・ドンウク先輩は、共演するシーンが大変で不安なシーンが多かったですが、すごく助けになりました。何度も厳しい状況に直面するジョンソクの立場で、先輩の演技に一緒に集中することができました。

いつも撮影をしながらたくさんの協力をいただきますが、特に今回の作品はすべての俳優やスタッフたちに支えられた作品です。

――コメントや知人たちの反応の中で、最も記憶に残る言葉は何でしたか?

キム・ソンギュ:「面白い」「すべての俳優たちの演技が良い」「残念で心が痛む」というコメントが記憶に残っています。

――「犯罪都市」「悪人伝」「キングダム」「ある日~真実のベール」に続いて「豚の王」で、さまざまなジャンルで活躍して、K-ジャンルを代表する俳優に浮上しています。特定のジャンルを扱う作品で演技をする時(または準備する時)、特に気を使った点は何ですか? また、人々はどうしてキム・ソンギュさんの演技がお好きだと思いますか?

キム・ソンギュ:特定のジャンルだからといって特別に準備することはありません。そのジャンルの特性上、劇的な状況をたくさん演じるので、観ていただく方々の集中の邪魔にならないように、未熟ながらも人物の感情を理解して演じるために努力しています。人々に好評されるジャンルで素敵な役を任せてもらえたことが、理由といえば理由ではないでしょうか。

――最後にチョン・ジョンソクに言いたいことはありますか?

キム・ソンギュ:申し訳ない気持ちです。撮影しながらどこか申し訳ない感情がありました。チョル、ギョンミン、ジョンソク、皆に。

記者 : パク・ソヨン