WINNER、タバコから盗癖まで!?迷いのない暴露で友情をアピール(動画あり)

OSEN |

写真=JTBCバラエティー「知ってるお兄さん」の放送画面キャプチャー
「知ってるお兄さん」でWINNERが驚きの暴露を施行し、それにもかかわらずお互いに向けた粘り強さを見せた。

韓国で7日に放送されたJTBC「知ってるお兄さん」では、WINNERの迷いのない暴露を越えた嘘が飛び交う陰謀が繰り広げられた。メンバーのイ・スンフンは「バラエティーのためならメンバーを売ってでも笑わせる」という信条を示し笑いを誘った。続いて「ソン・ミノがラップも早く学び、タバコも早く学んだ」と話して、全メンバーを名刺にした。

カン・ホドンは「前にソン・ミノが、カン・スンユンが自分の家に来たら何か一つずつなくなると言っていた」と話すと、ソン・ミノは直ちにカン・スンユンのかばんを探して「僕の指輪がどうしてここにあるの?」と厚かましく自身の手から取り出した指輪を褒め称えた。これに対しカン・スンユンは「わあ、本当に狂った人じゃん。カバンを開けてもいないよ!」と大声で叫んだ。弟たちの乱闘劇に穏やかな無表情のキム・ジヌは、いざ自分がゲームで勝った後、カン・ホドンから「WINNERの友情が思ったより弱い?」という話を聞くと、「ガラスでしょ」とクールに答えて弟たちをノックダウンさせた。

しかし、これは一方に過ぎない。カン・スンユンは、代替服務時代のイ・スンフンの招請で自費でメイクなどをして行き、彼のトレードマーク曲である「本能的に」を歌いながら社会福祉士のための献呈公演をし、カン・スンユンが現在WINNERの曲整理をするなど、苦労していることを知ると兄たちは黙って励ますのに忙しかった。また、キム・ジヌは「ヘアとメイクまでして行ったの?」と優しく尋ね、ソン・ミノは「僕は知らなかった」と感嘆を繰り返した。

彼らのとんでもない暴露がギャグに昇華できる理由は、ただ一つ、WINNERという名前の下で、この4人は真実の友情を持っているからだろう。

・WINNER、ソウルコンサートでファンと約2年ぶりに感動の再会…嬉しいニュースを予告

・WINNER、バラエティ番組「Real NOW」で1泊2日の特別な旅行へ!SM&YGのコラボに“そのままKWANGYAへ…”(総合)



記者 : オ・セジン