タン・ウェイ&パク・ヘイルら出演、映画「別れる決心」韓国で6月29日より公開決定…特別映像も解禁に

TVREPORT |

写真=モホフィルム
パク・チャヌク監督の4本目となるカンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作として期待を集めている「別れる決心」が、韓国で6月29日の公開を確定した。また、映画の魅力的なキャラクターと人物の関係を事前に確認する事ができる特別映像も公開された。

「別れる決心」は、山で起きた変死事件を捜査することになった刑事“ヘジュン”(パク・ヘイル)が、死亡者の妻“ソレ”(タン・ウェイ)に出会って、疑いと関心を同時に感じることから始まる物語を描いた映画だ。

パク・チャヌク監督は2004年、カンヌ国際映画祭審査委員大賞を受賞した「オールドボーイ」を皮切りに、2009年カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した「コウモリ」、そして2016年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に招待された「お嬢さん」に続いて今年「別れる決心」で4度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門進出の快挙を成し遂げた。

今回公開された特別映像では、歴代カンヌ国際映画祭コンペティション部門進出作「オールドボーイ」「コウモリ」「お嬢さん」に続くパク・チャヌク監督が6年ぶりに公開する韓国映画「別れる決心」の場面が初公開され、注目を集めている。

海を背景に立っている“ヘジュン”と、何を考えているのか分からない“ソレ”。変死者の妻と担当刑事として出会った彼らの間に妙な緊張感が流れるのもつかの間、お互いにますます近づいていく姿は、疑いと関心を行き来する二人の関係の変化に対する好奇心を刺激する。さらにソレとヘジュンの渦巻く感情を予告しながら終わる映像は、メロと捜査劇を行き来するストーリーで、斬新な面白さを届けるパク・チャヌク監督の新しい映画に対する期待を高める。

独創的ストーリーテーリングとタン・ウェイとパク・ヘイルの強烈な出会いを予告した「別れる決心」は、5月11日の午後6時よりCGVのFacebookを通じて第1弾予告映像を初公開し、映画に対する期待をさらに引き上げる。

パク・チャヌクとタン・ウェイ、パク・ヘイルの初めての出会い、そして捜査劇とメロが組み合わさった独創的なドラマにスタイリッシュなミジャンセン(舞台を演出するという意味のフランス語)が加わった映画「別れる決心」は、韓国で6月29日より公開予定だ。

記者 : パク・ソリ